「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界が認めるSTの現役選手!プレースタイルとクラブでの役割とは

2017 4/12 20:20dada
zlatan ibrahimovic
このエントリーをはてなブックマークに追加

最高の暴れん坊!ルイス・スアレス

ルイス・スアレス選手はFCバルセロナ(以下、バルセロナ)でMSNの一角として活躍している選手だ。相手のディフェンスラインを常に走り、絶妙なタイミングで抜け出すことを得意としている。
この彼のダイアゴナルランの精度は世界でもトップクラスで、次々と得点を量産することに役立っている。初め、このMSNは機能しないのではとされた。メッシ選手にルイス・スアレス選手、ネイマール選手という顔ぶれはあまりにも攻撃的で、それぞれが自分の得点のために動くと思われていたからだ。しかし、その心配はすぐに一蹴され、それぞれがクラブのために走り、素晴らしい連携をみせている。
これまでにはブラニスラフ・イヴァノビッチ選手やキエッリーニ選手への噛み付き問題があるなど、色々と物議を醸しているルイス・スアレス選手。自由奔放な性格が見え隠れするが、少なくともその性格は、試合中にはとても良い影響を与えている様な気がする。どこまでもゴールに貪欲に向かう姿勢はFWの鏡だ。

アルゼンチンの至宝!パウロ・ディバラ

パウロ・ディバラ選手はアルゼンチンが誇る至宝ともいえる選手だ。愛称もスペイン語で宝石を意味する「La Joya」だ。 1993年生まれと世界を代表するSTのなかでもかなり若く、これからも長きにわたってサッカー界を席巻することが予想される。所属しているユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)以前にはUSチッタ・ディ・パレルモに所属しており、そのステップアップの早さもなかなかのものだ。
ユヴェントスではトップの選手に足の速い選手とフィジカルやシュートセンスに優れる2人の選手を配置する。ディバラ選手が担うのは足の速い選手の方で、素晴らしいドリブルスピードを駆使しながらゴールに向かっていく。
それでいてシュートの精度も高く、守備のタスクもよくこなすため、チームの柱となっている。STだけでなく、CFやWGなど複数のポジションでのプレーが可能だ。

おすすめの記事