「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界が認めるOMFの現役選手!プレースタイルとクラブでの役割とは

2017 4/12 20:20dada
de bruyne
このエントリーをはてなブックマークに追加

最高の黒子!アンドレス・イニエスタ

OMFの名選手として間違いなく名前が挙がるのが、アンドレス・イニエスタ選手だ。下部組織時代からFCバルセロナ(以下、バルセロナ)一筋の彼は、ティキタカの哲学を完全に理解しており、チームの柱ともいうべき選手だ。
相手選手の間隙を縫うようなスルスルとしたドリブル、鋭いショートパスが持ち味で、かつてはWGとしてもプレーしていた。多くの決定機を創出し、バルセロナの栄光の数々を自分のものにしていった。 世界最高の攻撃トリオ、リオネルメッシ選手、ネイマール選手、ルイス・スアレス選手のMSN誕生時からは、プレーする位置を中盤に固定するようになり、「黒子」としての活躍が目立つようになる。
MSNがMSNたらしめるのは、その凄まじいほどの得点力にあるわけだが、イニエスタ選手が中盤で何気なくこなすパスの数々によって生じる力であることをサポーターは理解すべきだ。
ティキタカの哲学の下、淡々とパスを繰り返すイニエスタ選手の姿は、世界のサッカーサポーターの尊敬を集める。

インテルが逃した至宝!フィリペ・コウチーニョ

プレミアリーグのリヴァプールFC(以下、リヴァプール)で活躍しているのが、フィリペ・コウチーニョ選手だ。ブラジル人選手らしく華麗なドリブルを披露するだけでなく、強力なシュートやFK、パスセンスにも秀でている。
バルセロナが追い求める、イニエスタ選手の正統後継者としても有名で、今後の動向に注目が集まっている。バルセロナには、同胞のネイマール選手がおり、さらにはレジェンドであるロナウジーニョ選手も所属していた。リヴァプールが満足いくオファーが届けば、移籍する可能性は非常に高い。 イニエスタ選手と同じく、中盤の広い範囲とWGでの活躍も可能だから、バルセロナでも重宝されるだろう。
ちなみに、コウチーニョ選手は長友佑都選手が所属するインテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)に所属した過去があり、マテオ・コバチッチ選手と並んで「インテルが逃した至宝」としても有名だ。当時はそこまでのインパクトの無かった両選手だが、現在の成長を鑑みれば、「逃した魚は大きい」といえるだろう。
ちなみに2016?17シーズン現在、コバチッチ選手はバルセロナの宿敵、レアル・マドリードCF(以下、マドリー)に所属しており、コウチーニョ選手がバルセロナに渡ればインテルの至宝がぶつかる可能性もある。サッカー界の運命の巡り合わせとなるだろうか。

おすすめの記事