「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界が認めるDMFの現役選手!プレースタイルとクラブでの役割とは

2017 4/12 20:20dada
Sergio Busquets
このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナの門番!セルヒオ・ブスケツ

FCバルセロナ(以下、バルセロナ)でDMFを務めるのがセルヒオ・ブスケツ選手だ。特にボランチやアンカーとしてプレーする機会が多く、不動のレギュラーだ。
バルセロナにはティキタカや下部組織であるカンテラの文化が根強くある。カンテラでバルセロナの哲学を刻み込んだ選手たちがトップチームへ昇格し、これまでにタイトル獲得し続けてきた。
リオネル・メッシ選手、アンドレス・イニエスタ選手、シャビ・エルナンデス選手、そして今回紹介しているセルヒオ・ブスケツ選手らはカンテラの最高傑作とも呼べる選手たちだ。このようなカンテラ上がりの選手は、バルセロナのスタメンから減りつつある。そのためブスケツ選手の存在は大変貴重だ。彼がバルセロナから抜けるようなことがあれば、ティキタカの根幹を揺るがす大事件となるだろう。
彼は相手の攻撃をクリーンにシャットアウトできるだけでなく、前線へのパス供給や推進力にも優れている。バルセロナのボールがよく回っている時には、彼の攻守両面への貢献がある。攻撃に多くの選手を割く分、ティキタカの攻撃は諸刃の剣となる。その時の危険からバルセロナのゴールを守り抜くことができるのも、セルヒオ・ブスケツ選手だ。

急成長を遂げるアンカー!カゼミーロ

レアル・マドリーCF(以下、マドリー)に所属するカゼミーロ選手は、ポルトへのレンタル移籍を経て2015・16シーズンから急成長を遂げている新進気鋭のDMFだ。
特にアンカーとしての働きがとても優秀で、同シーズンのCL決勝アトレティコ・マドリード(以下、アトレティコ)の一戦での勝利は彼なしではあり得なかっただろう。アトレティコの中盤のパス回しをことごとくつぶし、強烈なタックルを仕掛けていき思うような攻撃をさせなかった。ボールを持てば恵まれたフィジカルで上手く保持し、味方にパスを供給し続けた。
アトレティコの選手の表情には苛立ちが目立ち、カゼミーロ選手の存在感は一躍有名になった。
そして2016・17シーズンのCL決勝トーナメント、SSCナポリとの一戦では弾丸のようなシュートをゴールに突き刺す。マドリーとカゼミーロ選手のCLでの進撃は、これからも続きそうだ。
また、マドリーではトニ・クロース選手やルカ・モドリッチ選手らとのポジション争いが熾烈を極めるが、カゼミーロ選手は全く違った魅力を持っている選手だ。間違いなくこれからも重用される選手の1人だろう。

おすすめの記事