「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界が認めるWBの現役選手!プレースタイルとクラブでの役割とは

2017 4/12 20:20dada
victor moses
このエントリーをはてなブックマークに追加

待ち望んだシーズン到来!ビクター・モーゼス

ビクター・モーゼス選手は、チェルシーFC(以下、チェルシー)に所属しているWBの選手だ。
故郷はナイジェリアだが、幼い頃の凄惨な事件により両親を失い渡英する。以後はウィガン・アスレティックFCに所属し、2012年にチェルシーへ移籍。そこからいくつかのプレミアリーグのクラブをレンタルで渡り歩き、2016?17シーズンからチェルシーに復帰した。
これまで、復帰してもシーズンが始まる毎に他のクラブにレンタルされるため、「彼がチェルシーでプレーすることはもうない」というのが大方の見方だった。しかし、アントニオ・コンテ監督は彼を戦力として計上、新しく導入したコンテ式3バックでWBを任されるようになる。
モーゼス選手は元々サイドミッドフィルダーやウィンガーとしてプレーする選手だ。豊富な運動量で何度も攻め上がることを持ち味としていた。WBを任されるようになってからは、その活動領域を少し下げ、守備にも参加するようになる。持ち味であった豊富な運動量は相手のサイド攻撃に食らいつくための力に生まれ変わり、チェルシーに欠かせない選手の1人となった。
2016?17シーズンは、多くの苦難を乗り越えた彼が報われた、待望のシーズンだ。

無名のWBは頂点を目指す!マルコス・アロンソ

マルコス・アロンソ選手は前項のモーゼス選手と同じくチェルシーに所属するWBだ。2016?17シーズンからチェルシーに移籍し、これまたモーゼス選手と同じくコンテ式3バックの導入でWBを務めるようになった。 アロンソ選手の持ち味は、スピードと他の選手との相互理解能力の高さにある。
アロンソ選手の少し前のポジションには優れた攻撃力を発揮するエデン・アザール選手がいる。アザール選手は攻撃のためにスタミナを温存したいと考える選手で、守備のタスクをあまり背負いたくはないようだ。モウリーニョ監督の第二次政権では、守備もこなすようになったが、2015?16シーズンでついにパンクする。守備に対する負担が増え、負傷が重なり、攻撃が機能しなくなったのだ。
ここで登場するのがアロンソ選手だ。 彼は前述のアザール選手が攻撃参加する機会を増やすべく、アザール選手がカバーしきれないスペースを素早く埋めることができる。アザール選手がどこに行きたいかを予測し、前もって守備に入ったり、パスの受け渡しを担当したりする。アロンソ選手が担う役割なくして、アザール選手の攻撃はあり得ない。
もちろん守備と攻撃の両方が上手く機能している時には、アロンソ選手も持ち前のスピードを活かし果敢に攻撃参加を行う。
アロンソ選手は、これまでサッカー界全体では無名の選手だった。ただその風潮はチェルシー移籍で大きく変わり、彼の名は一躍高まった。2016?17シーズン絶好調のチェルシーのタイトル獲得に向け、アロンソ選手も走り続ける。

おすすめの記事