「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界が認めるSBの現役選手!プレースタイルとクラブでの役割とは

2017 4/12 20:20dada
philipp lahm
このエントリーをはてなブックマークに追加

ティキタカ期待の星!セルジ・ロベルト

セルジ・ロベルト選手は名門FCバルセロナ(以下、バルセロナ)の誇る期待の右SBだ。元々は中盤でのプレーが本職の彼は優れたパスセンスを武器に、バルセロナの攻撃をバックアップし続けた。
バルセロナにはティキタカと呼ばれる独特のリズムの攻撃があり、それに順応できない選手は生き残ることができないとされる。しかし、セルジ・ロベルト選手はこれに難なく柔軟するばかりか、中盤だけでなく、サイドアタッカー、SBまで担当できるオールラウンダーな選手へと成長を続ける。
2016?17シーズンからはダニエウ・アウヴェス選手が抜けた穴を埋めるべく、SBを担当している。自身が攻撃も得意とするためか、相手の攻撃パターンを的確に先読みし、シャットアウトすることができている。

マドリーの偉大な左SB!マルセロ

レアル・マドリーCF(以下、マドリー)では、先輩左SBにロベルト・カルロス選手という偉大過ぎる存在がいた。スピード、フィジカル、そして代名詞ともいえる強烈なミドルシュートは、多くのサポーターの記憶に残っている。 そんなマドリーの左SBを2007?08シーズンから務めるのが、アフロヘアが特徴のマルセロ選手だ。
マルセロ選手は安定した守備に加えて、サイド突破、そして正確なクロスを持ち味とするSBだ。 ロベルト・カルロス選手とは同じブラジル代表で、彼の正統な後継者としても名高い選手である。 先輩の方が目立っているのは、攻撃性能の高さ故だろう。やはり、攻撃参加する選手の方が目立つのは仕方ない。
しかし、マルセロ選手は前述の通り正確なクロスが持ち味で、味方を活かす技術の高さに疑いの余地はない。クリスティアーノ・ロナウド選手との左サイドコンビは安定感があるし、2人でパス交換を繰り返しながら相手陣営を破壊していく様は壮観だ。クリスティアーノ・ロナウドは守備のタスクをあまりこなさないことでも有名だが、それが許されるのも後方に控えるマルセロ選手の活躍あってこそだ。

おすすめの記事