「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界が認めるCBの現役選手!プレースタイルとクラブでの役割とは

2017 4/12 20:20dada
david luiz
このエントリーをはてなブックマークに追加

溢れる闘志!ダビド・ルイス

チェルシー所属のブラジル代表ダビド・ルイス選手は、アフロヘアが特徴の選手だ。
試合時にはこのアフロヘアをなびかせながら、ピッチを縦横無尽に駆け回る。相手選手に臆することなく果敢にアプローチする姿勢は多くのサポーターから支持されている。
CBとしてはパス技術やオーガナイザーとしての推進力に優れるため、ボランチとして起用されることもある。前線に顔を出せる選手が一人増えることで、相手選手のマークは揺らぎ味方の攻撃の後押しをすることができる。 さらにはFKも得意で、弾丸シュートを相手ゴールへ叩き込むこともある。
時は遡り2014年のW杯の時は涙ながらに国家を歌ったり、日頃からサポーターに対してのサービスにも熱心だったりする。闘志と男気溢れるダビド・ルイス選手は、いつも多くの人々に愛されている。彼のSNSにはユーモアに溢れる動画像が公開されているから、こちらのチェックもおすすめである。

マドリーの大黒柱!セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモス選手はスペインの強豪、レアル・マドリーCF(以下、マドリー)で活躍する選手だ。同クラブではキャプテンを務めクラブの精神的支柱としても欠かせない選手だ。
CBとしてのプレーが定着しているが、それは2009?10シーズンからのことであり、以前は右SBとしてプレーしていた。サッカーでは時折コンバートによりポジション変更がなされるが、ラモス選手ほど成功した事例はとても珍しい。SBだった時のスピード感はそのままに、空中戦での強さまで発揮するようになった彼は、大半のFWを容易くいなしてしまう。
得点力も抜群で、特に後半終了間際の活躍には目を見張るものがある。特にビッグマッチであればあるほど、その得点力には磨きがかかっている印象を受ける。彼の得点によりマドリーは幾度となく延長戦へのもつれこみや、タイトル獲得を引き寄せてきた。
ラモス選手は歴史あるマドリーの大黒柱として、今日も活躍を続けている。

おすすめの記事