「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界が認めるGKの現役選手!プレースタイルとクラブでの役割とは

2017 4/12 20:20dada
buffon
このエントリーをはてなブックマークに追加

万能GK!マヌエル・ノイアー

世界のGKでも最高峰に君臨しているのがマヌエル・ノイアー選手だ。 ノイアー選手は2016?17シーズン時点で、ブンデスリーガのFCバイエルン・ミュンヘン(以下、バイエルン)に所属している。
彼は相手のシュートに対しての反応速度が速いだけでなく、足元の技術が優れていることでも知られる。並のGKでは到底届かないようなシュートにも即座に反応し、素早く味方にボールを回していくことができる。
名将ペップ・グアルディオラ監督が率いていた頃のバイエルンでは、11番目のフィールドプレーヤーとしても貢献していた。通常、フィールドプレーヤーと言えば、GK以外の10人の選手を指すのだが、ノイアー選手は足元を巧く使えため、パス回しにも積極的に参加していた。グアルディオラ監督は選手に高いパス技術を求める監督だ。この名将の戦術プランにはノイアー選手が欠かせなかった。
なお、ノイアー選手はサッカー選手の栄誉であるバロンドールの受賞がかねてより期待されているが、未だ実現には至っていない。

異国で輝く守護神!ダビド・デ・ヘア

ダビド・デ・ヘア選手は、スペインのアトレティコ・マドリードで育ったGKだ。若い時からスペイン代表にも召集されており、経験も豊富だ。
イングランドのマンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)に在籍しており、ユナイテッドの正守護神として活躍を続けている。類稀な反応速度で数々の窮地を救っている。GKとしては若干細身な印象を受けるが、速くしなやかなダイビングができる選手だ。
2015年の夏には母国でもあるスペインのレアル・マドリー(以下、マドリー)への移籍が取り沙汰された。移籍は個人合意に至っていたものの、移籍に関連する書類等の準備が間に合わず実現しなかった。このことは当時大きな騒動となり、両クラブは互いを批判した。同時にデ・ヘア選手のモチベーションの低下も危惧されたが、なんとか持ち直しているようだ。
こういった経緯もあり、マドリーはデ・ヘア選手への興味を失い、ターゲットはチェルシーFCのティボー・クルトワ選手へと移ったと噂されている。

おすすめの記事