「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

香川真司所属!黒と黄のボルシア・ドルトムントを徹底解説!

2017 4/12 20:20dada
borussia dortmund
このエントリーをはてなブックマークに追加

黒と黄の強豪!ボルシア・ドルトムントの概要に迫る

ボルシア・ドルトムント(以下、ドルトムント)は、日本の香川真司が所属することでも知られるブンデスリーガ屈指の強豪クラブだ。 愛称は「黒と黄」や「BVB」で、サポーターが非常に熱気的であることでも有名だ。
ドルトムントの発足は1909年のことで、舞台となったのはドイツ北部の「ツム・ビルトシュッツ」というレストランだ。
すでに100年の時を経ているものの、クラブ創設期を知る関係者たちの証言により、ドルトムントの創設期はドキュメンタリー映画化されている。作品の名前は『ボルジッヒプラッツに生まれて‐フランツ・ヤコビとBVBの誕生』だ。2015年に完成しているこの作品は、約2年の準備と製作期間を経て完成した。

スタジアムは超満員!大勢の観客で大合唱

ドルトムントの本拠地であるジグナル・イドゥナ・パルクは80,720人の収容人数を誇るが、このスタジアムは毎試合のようにほぼ満員状態となる。過去にはほぼ100%の80,463人という数字を出したこともあり、世界一の熱狂度となっている。
スタジアムはドルトムントサポーター一色となり、スタジアムが揺れるほどの歓声でいっぱいになる。 チャント(応援歌)の迫力も凄まじく、これを聞くだけでもスタジアムに足を運ぶ価値があるといえる。ジャンプする人の波の動き、独特の雰囲気には誰もが身震いするのではないだろうか。

おすすめの記事