「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

内田篤人所属!王者の青・シャルケ04を徹底解説

2017 4/12 20:20dada
schalke
このエントリーをはてなブックマークに追加

王者の青、シャルケの概要に迫る!

シャルケ04(以下、シャルケ)は、「王者の青」の愛称で親しまれるブンデスリーガ屈指の強豪クラブだ。 日本の内田篤人選手も所属していることから、日本のサッカーファンの間でもその名を知っている方も多いのではないだろうか。
1904年に発足したシャルケはエンブレムに「S」と「04」のデザインを配し、ブンデスリーガの前身であるドイツ・サッカー選手権では7度タイトルを獲得している。
赤のユニフォームでお馴染みのFCバイエルン・ミュンヘン、黄色のユニフォームでお馴染みのボルシア・ドルトムントらとは、毎年のようにタイトルを争っており、宿敵とも呼べる間柄だ。観客動員数やクラブ収入の面においても、この2クラブを追うような数値となっており、サポーター間の緊張感にはひとしおのものがある。

優秀な選手たちが生まれるクラブ

シャルケには優れた育成組織があり、毎年のように優秀な選手たちが誕生することでも有名だ。
2016?17シーズンにマンチェスター・シティFCに所属することになったレロイ・ザネ選手や、パリ・サンジェルマンFCのユリアン・ドラクスラー選手はいずれもシャルケのユース出身の選手だ。このユースは「クナッペン・シュミーデ」と呼ばれ、国内でも評価の高い組織だ。
細かに組まれた育成カリキュラムに加えて、義務教育面においても本拠地フェルティンス・アレーナの近くの学校と一緒になって若い選手たちを育てていく。 現在のトップチームにも、主将のDFベネディクト・ヘーヴェデス選手やMFマックス・マイアー選手、GKラルフ・フェールマン選手など、シャルケのユース出身の豪華なメンツが揃っている。

おすすめの記事