「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

海外サッカーで起きた奇跡&名プレーはこれだ!

2017 4/5 18:49dada
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Fingerhut / Shutterstock.com

海外サッカーで起こる様々な奇跡的なプレーや名プレー。その中でも記憶に残る選りすぐりのプレーに感動し、さらにサッカーを好きになってほしい。

CL決勝ドログバのヘディングシュート

2011?2012のUEFAチャンピオンズリーグ決勝、チェルシーFCとFCバイエルン・ミュンヘンの一戦はまさに記憶に残る試合だった。
1点ビハインドで相手を追うチェルシーだったが、シュートはことごとく枠を外れたため、このまま負けてしまうかと思えた後半43分。コーナーキックで飛んできたボールをドログバ選手がヘディングでゴールを決めたのだ。ドログバ選手が跳んだ瞬間、会場は時間が止まったかのようにも見えた。頭をしっかりと振り、ボールはゴールマウスへ。
そのゴールでチェルシーは同点に追いつき延長戦へ。それでも決着がつかずPK戦に突入すると、これを締めくくったのもドログバ選手だった。ドログバ選手の活躍で、チェルシーが見事ビッグイヤー(CLのトロフィー)を獲得したのだった。

終わりにはさせない!アグエロのゴール

2011?2012シーズンにマンチェスター・シティが66年ぶりに獲得したタイトルは、アグエロ選手によってもたらされたものだった。
当時のプレミアリーグではシーズン最終節まで優勝争いがもつれ、優位にあったのは同じマンチェスターに本拠地を構えるシティのライバル、マンチェスター・ユナイテッド。「シティが最終節のQPR戦で負ければユナイテッドが優勝」という状況だった。 QPRはシティの戦力から言えば格下のチームだ。にもかかわらず、プレッシャーからかシティ側は試合を通してQPR相手に苦戦。このままタイトルを逃してしまうかと思われた。
しかし後半ロスタイムにシティに奇跡の瞬間が訪れた。FWのエディン・ジェコ選手とセルヒオ・アグエロ選手が次々に得点し、ユナイテッドを振り切り見事タイトルを奪取してみせたのだった。

おすすめの記事