「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

偉大な育成クラブ!サウサンプトンFCをサッカーオタクが解説

2017 8/17 16:20dada
southamptom FC
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の育成クラブ!サウサンプトンFC

サウサンプトンFC(以下、サウサンプトン)はプレミアリーグの中堅クラブだ。愛称は「セインツ」で、1885年にセントメリーズ教会が手掛け創設された。ユニフォームの主なデザインは赤と白の縦縞だ。
これまでにメジャーなタイトルにはほとんど獲得できておらず、日本のサッカーファンにとっては、「吉田麻也選手が所属するクラブ」といったくらいの認知度だろうか。
だが、プレミアリーグファンであれば、サウサンプトンほど優秀な選手を育てるクラブはいないとお気付きのはずだ。

国内の英国人選手はセインツ産?

多額の放映権料や海外資本が流れ込むプレミアリーグのクラブにおいて、多額の移籍金で他国の選手を獲得することはもはや普通となった。ただ、その分だけ国内選手である英国人選手の価値も高まっている。
代表的な英国人選手といえば、アーセナルFCのセオ・ウォルコット選手やアレックス・オックスレイド・チェンバレン選手、リヴァプールFCのアダム・ララーナ選手、マンチェスター・ユナイテッドFCのルーク・ショウ選手だろうか。彼らはいずれもサウサンプトンの下部組織の出身だ。特にアダム・ララーナ選手は2016?17シーズン特に好調をみせており、多くのクラブを脅かす存在となった。
ちなみにトッテナム・ホットスパーFCからレアル・マドリードに旅立ったガレス・ベイル選手や、往年の名選手であるアラン・シアラー選手もサウサンプトンの出身だ。
サウサンプトンの下部組織は英国人選手を育てることを一番の目標としており、これはかつてクラブのオーナーであったルーパート・ロウ会長の次代から引き継がれているようだ。

おすすめの記事