「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

聖者の行進はただ前へ、トッテナム・ホットスパーFCを徹底解説

2017 8/17 16:20dada
tottenham
このエントリーをはてなブックマークに追加

トッテナム・ホットスパーFCと一人の騎士

トッテナム・ホットスパーFC(以下スパーズ)は、英国ロンドンの北部を本拠地とするクラブだ。愛称を「スパーズ」と呼び、プレミアリーグ内でも徐々に力を付けているクラブの一つとなっている。トッテナム・ホットスパーFCという正式名称には、「トッテナム」という地区の名前とホットスパーという一人の騎士の名前がモデルになっている。
この騎士は正式名をヘンリー・ホットスパー・パーシーといい、中世の英仏戦争で活躍した騎士だ。スパーズを創設したパブリックスクール(英国の私立中等学校)の学生らは、この騎士の名前をクラブ名として使い始め、それが現在に至っている。
パーシーは常に前線を駆け回り、敵を倒していた勇敢な騎士だ。
今も彼はスパースサポーターから愛されており、彼の一族の居城「Alnwick Castle(アニック城)」も現存している。ちなみにアニック城は映画『ハリー・ポッター』シリーズのホグワーツ魔法魔術学校のロケ地にもなっている。

スパーズの名選手たちと伸び悩み

スパーズには得点を量産するストライカーが大勢在籍してきた。1979?80シーズンに鮮烈なデビューを飾ったグレン・ホドル選手、現在歯に衣着せぬ物言いで有名な解説者ギャリー・リネカー選手、変幻自在の攻撃をみせたテディ・シェリンガム選手らがその代表例だろう。
彼らは皆スパーズの中心選手として常に攻撃を牽引してきた。ただ、スパーズは高い攻撃力とは裏腹に、守備は不安定だった。いくら得点を重ねようと失点が重なれば当然順位は上がらない。スパーズに長年必要なのは中盤の安定感であり、安定した成績を残し始めたのは2000年代に入ってからだ。

おすすめの記事