「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

王者の復活!サッカーオタクがマンチェスター・ユナイテッドを徹底解説

2017 8/17 16:20dada
manchester united
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤い悪魔、マンチェスター・ユナイテッドFC

世界で有名なサッカークラブのうちの1つに、「マンチェスター・ユナイテッドFC」がある(以下、ユナイテッド)。ユナイテッドは英国のプレミアリーグに属するクラブで、愛称を「赤い悪魔」という。クラブの創設は1878年で、マンチェスターの鉄道員が主なメンバーだった。ただ現在のクラブのエンブレムに描かれている船の絵は、マンチェスターが港を使った交易都市としても発展を遂げたことの象徴でもある。
英国で起こったインフラの拡充と産業革命が、ユナイテッドの歴史にも大きく関わっているのだ。
創設当初は資金の捻出に苦労しており、1902年には破綻も経験している。ただ、この時には別のオーナーがすぐさま介入したことにより、クラブは存続を図ることに成功した。実は現在のマンチェスター・ユナイテッドFCという正式名称もこの時に決定した。

忘れはしないミュンヘンの悲劇

2016年11月にブラジルリーグに所属するシャペコエンセのメンバーが、悲惨な航空機事故に遭った。47名もの尊い命を奪ったこの事故は、世界中の人々を悲しませた。こういった航空機事故は、ユナイテッドの歴史にもあった。それが「ミュンヘンの悲劇」と呼ばれる航空機事故だ。
1958年のユナイテッドは資金難から脱出し、マット・バズビー監督率いるチームは好調を維持していた。クラブには当時革新的だったユースチームからの育成が功を奏し、多くの有力な国内選手が育っていたのだ。彼らを「バズビー・ベイブス」と呼んだ。同年2月、メンバーはCLに出場すべくチャーター機でミュンヘンに向かっていた。しかし、2度の離陸失敗を経たのち、3度目の離陸失敗で空き家に激突。44名の乗員乗客のうち、23名が死亡。そのうちユナイテッドの選手は8名が犠牲となった。
チームの柱であったダンカン・エドワーズ選手は、事故から2週間後に亡くなった。彼は英国のサッカー史における伝説として今も語り継がれている。彼は16歳でユナイテッドの門をたたいてから、サッカー選手としての充実なキャリアを送っていた。試合では強力なミドルシュートを叩き込み、ユナイテッドの窮地をいくつも救ってきた。そんな天才的なサッカー少年は21歳の若さで世を去ったのだ。チームは非常に大きな柱を失ったのだ。

おすすめの記事