「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヴェンゲルと赤い巨砲、サッカーオタクがアーセナルFCを徹底解説

2017 8/17 16:20dada
arsenal emblem
このエントリーをはてなブックマークに追加

我らが愛すべきクラブ、ガナーズ

アーセナルFCは、現在英国ロンドンの北部を本拠地とするクラブだ。 その前身は王立の軍需工場にある。
軍で扱う兵器の製造を担当していた労働者たち。 その労働者たちはやがて、自分たちが所属するサッカーチームを結成。その後何度か名前を変えながら、1893年に「アーセナルFC」(以下アーセナル)という名前になった。
アーセナルの現在のエンブレムには大砲が描かれているが、この大砲は軍需工場にあったというわけだ。
そして、クラブの愛称は「ガナーズ(砲撃手)」というものだ。もちろん現在では兵器を製造する選手は存在していない。しかしながら、ボールという砲弾を常にゴールに向けて発射し、多くのサポーターを惹きつける魅力を放ち続けている。

ヴェンゲル監督がもたらした新しいサッカー

1996年には名古屋グランパスを率いていたアーセン・ヴェンゲル監督を招聘。名古屋グランパスでは全権を与えられ、様々な改革とヨーロッパサッカーの新しい風を吹かせた。
しかし、そのヴェンゲル監督もアーセナル就任時には、ヨーロッパでは無名の選手だった。多くのサッカーファンから「彼は誰だ?」といった声が投げかけられ、アーセナルの行く末を案じたファンも多かったのだ。現在もそうだが、どんな強豪クラブも弱小クラブも、無名の選手は獲得しても、無名の監督を招聘することは異例中の異例だったのだ。
ただ、状況は一変する。1997?98シーズンにアーセナルはリーグタイトルとFAカップの2冠を達成。かつてのアーセナルは英国に古くからあるカウンターを重視した戦術をとっていた。だが、ヴェンゲル監督が就任してからは、パスとドリブルを多用し、敵陣営をかいくぐるかのような攻撃を展開。
外国人選手も重用しながら、アーセナルを攻撃的なサッカーをするチームへと変化させた。

おすすめの記事