「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

落日の名門クラブ、復活の糸口ここにあり

2017 8/17 16:20dai06
manchester united
このエントリーをはてなブックマークに追加

落ちぶれる名門クラブ、難航する復活

サッカー界で名門とされるクラブ。 イタリアのACミラン、イングランドのマンチェスター・ユナイテッド。 これらのクラブはいずれも「名門クラブ」だ。ご存知の方も多いことだろう。 ただ、名門クラブは時として落ちぶれてしまうことがある。 過去の栄光は遠い日に。在りし日の選手の輝きは霞み、クラブの行く末も暗雲の中に沈んでいく。
監督を変えど、戦術を変えど、選手を変えど。 成績は低迷し、なかなか浮上することができないことも珍しくない。 強豪であるが故に、サポーターからは大きな期待を寄せられ、メディアも毎シーズンのタイトル獲得をめぐって、大々的な報道を展開していく。そんな状況で負けが続けば、名門クラブに浴びせられる言葉も日に日に厳しくなる一方だ。

そこに選手獲得のコンセプトはあるか

名門に限らず、クラブが不調から脱する時、あるいは好調を維持し続けるためには、選手獲得が欠かせない。 クラブの哲学にフィットしそうな選手、監督の期待に応えられるクオリティを持つ選手を探す。
しかし、この時に選手獲得のコンセプトがあるかどうかで、クラブの調子は左右される。 選手は獲得しただけでは意味がない。争奪戦を制し獲得した後、試合で力を発揮してこそ初めて意味のある獲得となるのだ。 クオリティが高く金額も高い選手が活躍できなければ損になるだけなのだ。
だからこそ、選手を獲得する際にはコンセプトが大切だ。「得点が足りないから、豊富なシュートパターンと決定力のある選手を獲得しよう」、「守備が甘い。特に高さで競り負けてしまうから、強いフィジカルと物おじしない貪欲さを持つ選手を獲得しよう」。こういった、クラブの現状に応じたコンセプトを設定した獲得を行うべきなのだ。

おすすめの記事