「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【FCケルン】2016-2017シーズン徹底解説!

2017 1/25 10:28
ドイツ サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.soccer-king.jp

ブンデスリーガ初代王者でもあり、歴史深いチームでもあるFCケルン。今回は2016-2017シーズンのFCケルンの動向をご紹介します。熱烈な海外サッカーファンの方もそうでない方もぜひチェックしてください。

FCケルンとは

FCケルンは、1963年に開幕したブンデスリーガの初代王者です。1977-1978シーズンに奥寺康彦選手がケルンのブンデスリーガ制覇に貢献したことでご存知の方もいるのではないでしょうか。
しかし、そんな歴史のあるケルンですが、2000年前後頃からは1部と2部を行ったり来たりするエレベータークラブと化してしまっている側面もありました。
チーム指揮官は、2013-2014シーズンに、2部優勝に導いたペーター・シュテーガー監督です。

チームの好調を支える2トップの存在

第14節終了時点で、ケルンは7位という順位です。十分ヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグ出場権も狙える位置につけています。この好調を支えるのは2トップの存在が大きく、アントニー・モデスト選手と日本代表、大迫勇也選手の二人の存在です。
大迫選手は、昨季までポジションがあまり固定されておらず、ゴールから遠い位置でプレイすることもありました。しかし、今季はゴールに近い場所でプレイすることが多くなり、必然的にゴールに絡む機会も増えてきました。
モデスト選手は昨季15得点記録した得点力はさらに磨きがかかり、現在12得点で得点ランキング2位につけています。

おすすめの記事