「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ボルシア・ドルトムント】2016-2017シーズン徹底解説!

2017 1/25 10:28
ドイツ サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CosminIftode / Shutterstock, Inc.

日本代表、香川真司選手が所属していることで日本でも有名なクラブがボルシア・ドルトムントです。 今回は、海外サッカーが気になる方のために、ボルシア・ドルトムントの2016-2017シーズンの動向をご紹介します。

ボルシア・ドルトムントとは

ドルトムントのホームスタジアム、ジグナル・イドゥナ・パルクは収容人数80720人で、世界でもトップクラスの観客動員数を誇ります。 また、ブンデスリーガ優勝回数も、バイエルン・ミュンヘン、ニュルンベルグに次ぐ3位の8回を数えます。
近年では、2011-2012、2012-2013シーズンに2連覇を達成しました。
2015-2016シーズンより、元マインツ監督、トーマス・トゥヘル監督が指揮をとっています。

「戦術家」トゥヘル監督

トゥヘル監督は、その日の相手、自選手のコンディションなどによってフォーメーションを変えることで知られています。そのため「戦術家」の愛称で呼ばれることもあります。
2016-2017シーズン、14節終了時点でチーム総得点リーグ2位となる32得点を記録しています。主にオフェンス面でトゥヘル監督の采配が生きていることがわかります。
しかし、2015-2016シーズンでは、ダービーマッチや、ここ一番の試合に勝ちきれぬことも多く、頻繁にフォーメーションを変えるトゥヘル監督の采配に批判が集まることも少なくありませんでした。

おすすめの記事