「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ボルシア・ドルトムント】2016-2017シーズン徹底解説!

2017 1/25 10:28
ドイツ サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CosminIftode / Shutterstock, Inc.

日本代表、香川真司選手が所属していることで日本でも有名なクラブがボルシア・ドルトムントです。 今回は、海外サッカーが気になる方のために、ボルシア・ドルトムントの2016-2017シーズンの動向をご紹介します。

ボルシア・ドルトムントとは

ドルトムントのホームスタジアム、ジグナル・イドゥナ・パルクは収容人数80720人で、世界でもトップクラスの観客動員数を誇ります。 また、ブンデスリーガ優勝回数も、バイエルン・ミュンヘン、ニュルンベルグに次ぐ3位の8回を数えます。
近年では、2011-2012、2012-2013シーズンに2連覇を達成しました。
2015-2016シーズンより、元マインツ監督、トーマス・トゥヘル監督が指揮をとっています。

「戦術家」トゥヘル監督

トゥヘル監督は、その日の相手、自選手のコンディションなどによってフォーメーションを変えることで知られています。そのため「戦術家」の愛称で呼ばれることもあります。
2016-2017シーズン、14節終了時点でチーム総得点リーグ2位となる32得点を記録しています。主にオフェンス面でトゥヘル監督の采配が生きていることがわかります。
しかし、2015-2016シーズンでは、ダービーマッチや、ここ一番の試合に勝ちきれぬことも多く、頻繁にフォーメーションを変えるトゥヘル監督の采配に批判が集まることも少なくありませんでした。

マルコ・ロイス選手の穴を埋める若手

近年、ドルトムントの左サイドミッドフィルダーといえば、マルコ・ロイス選手でした。
しかし、ロイス選手は怪我が多い選手でもあり、離脱することも多々ありました。2016-2017シーズンも開幕当初から怪我で出場機会が限られる状況が続きました。そんな中、頭角を現したのが若干18歳のオスマン・デンベレ選手です。
時に、その鋭いドリブルで、クリスティアーノ・ロナウド選手を彷彿をさせるプレイスタイルの持ち主です。マンチェスター・シティなどのビッククラブからも注目されている逸材で、将来的にも注目されている選手です。

レアルマドリードから狙われるFW

2016-2017シーズン14節終了時点、15得点で得点ランキングトップに立つ選手がピエール・エメリク・オーバメヤン選手です。
相手DFの裏へ抜け出す圧倒的スピードと決定力で得点を量産しています。実現はしませんでしたが、現役陸上選手との30m競争をしようとしたエピソードがあるほどです。
ドルトムントでの活躍に目を付けたレアルマドリードへの移籍の噂話が絶えません。ドルトムントにとっては重要な得点源のため、全力で慰留して欲しいところです。

日本代表の10番

日本代表では10番をつける選手が香川真司選手です。しかし、2016-2017シーズン、早くも苦境に立たされています。
同ポジションのライバル、ラファエル・ゲレイロ選手、アンドレ・シュールレ選手の好調によることと、足首の故障などでベンチへ追いやられてしまうことが多くなっています。下位チームとの試合では得点を決めているので、今後上位のバイエルン、好調のRBライプツィヒ相手に対しての結果が求められそうです。

まとめ

以上、ボルシア・ドルトムントについてご紹介しました。 近年、バイエルン1強状態が続くブンデスリーガですが、ドルトムントにはその対抗馬としての活躍が求められています。 今シーズンのドルトムント、また香川選手の活躍にも注目です。

関連記事

おすすめの記事