「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【バイエルン・ミュンヘン】2016-2017シーズン徹底解説!

2017 1/25 10:28
サッカー ドイツ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Fingerhut / Shutterstock, Inc.

ドイツサッカー市場最も成功したクラブと言われているのがバイエルン・ミュンヘンです。 今回は、海外サッカーファンの方へ向けて、バイエルン・ミュンヘンの2016-2017シーズンの動向をご紹介します。

バイエルン・ミュンヘンとは

ドイツ国内のみならず、チャンピオンズリーグでも過去5度の優勝を誇り、世界でも数少ないヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ通称ビッグイヤーの永久保持を認められているクラブです。
近年に於いても、ブンデスリーガで2012-2013シーズンから4連覇中と無類の強さを誇ります。 所属選手も、ノイアー選手、ラーム選手などのドイツ代表をはじめ、レバンドフスキ選手、リベリー選手など、各国の代表選手がずらりと並ぶ豪華布陣となっています。
2016-2017シーズンから、イタリア人のカルロ・アンチェロッティ監督が指揮をとっています。

グラルディオラ監督からアンチェロッティ監督へ

通常、監督の交代といえば、成績不振からくる更迭が一般的ですが、ことバイエルンにはこのことは当てはまりません。 前ジョゼップ・グアルディオラ監督も、2012-2013シーズンに就任し、ブンデスリーガ3連覇を成し遂げつつ退任しました。
グアルディオラ監督は、新たなサッカーへの探究心から退任したと言われていますが、次期監督にとってのプレッシャーは計り知れないものでしょう。
そんな中、就任したのがアンチェロッティ監督でした。しかし、そのプレッシャーの中、2016-2017シーズン14節終了時点で首位に立っています。

おすすめの記事