「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【RBライプツィヒ】2016-2017シーズン徹底解説!

2017 1/25 10:28
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.goal.com/

ブンデスリーガは、バイエルン、ドルトムントなどの強豪がひしめき合うリーグ。その中で2016-2017シーズン第13節終了時点で首位に立つチームがRBライプツィヒです。 今回は、RBライプツィヒの2016-2017シーズンの動向をご紹介します。

RBライプツィヒとは

チームは2009年に創設された若いチームで、世界的飲料メーカー、レッドブルがサポートするチームです。
ブンデスリーガでは、原則としてチーム名に会社名を入れてはならないため、RasenBallsport(直訳芝生球技)の頭文字をとってRBとし、これによりレッドブルの頭文字を入れることが可能となりました。
2016-2017シーズンより、昨季インゴルシュタットを残留に導いた、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督が指揮をとっています。

初のブンデスリーガの舞台で大躍進

ここ数年、ブンデスリーガのトップといえばバイエルン・ミュンヘンで、圧倒的な強さを誇ってきました。しかし、第13節終了時点とはいえ、2016-2017シーズンはライプツィヒが首位に躍り出ています。さらに、ライプツィヒは4年前までドイツ4部のリーグに所属していたチームそこからの大躍進なのです。
2016-2017シーズン、ライプツィヒは13戦10勝3分と未だに無敗をキープしています。ドルトムント、シャルケと言った名門チーム相手にも堂々たるサッカーを展開し勝利を収めています。

おすすめの記事