「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【アタランタBC】2016-2017シーズン徹底解説!

2017 1/25 10:28
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Marco Iacobucci EPP / Shutterstock, Inc.

海外サッカーファンの方へ。 アタランタBCは、降格と昇格を繰り返す、エレベータークラブという側面があったチーム。しかし、2016-2017シーズン、第15節終了時点で5位という高順位につけています。 そこで、今回は2016-2017シーズンのアタランタBCについて解説します。

アタランタBCとは

イタリア、ベルガモに本拠地を置くチームがアタランタBCです。創設年は1907年と創設100年以上の歴史あるクラブです。
降格と昇格を繰り返すことも過去に多くありましたが、2016-2017シーズンで6シーズンセリエAに留まっています。 また、若手選手の育成や、他クラブの出場機会に恵まれない選手のレンタル先として、優秀な選手を輩出しています。
フィリッポ・インザーギ選手が、ACミランで成功する以前に得点王のタイトルを獲得した際、所属していたクラブがアタランタでした。
2016-2017シーズンから、ガスペリーニ監督が指揮をとっています。

2016-2017シーズンの“快進撃”

2016-2017シーズン、第15節終了時点ではありますが、アタランタは6位につけています。しかも、ここ10試合では8勝1分1敗(1敗はユヴェントス)と、好調をキープし続けています。
この好調の一因は、ガスペリーニ監督の変則フォーメーション、3-4-1-2が、チームに浸透してきたことが大きいでしょう。
相手のフォーメーションにより、可変のシステムは、戦術理解に時間がかかります。しかし、試合をこなしていくにつれ、それが浸透し、選手の動きの質も高まってきたようです。

おすすめの記事