「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

機は熟すか?古豪サウサンプトンの2016-2017シーズン展望

2017 1/25 10:28
サウサンプトンFC
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Fabrizio Andrea Bertani/ Shutterstock, Inc.

イングランド・プレミアリーグに所属する古豪サウサンプトンFC。 数々の苦難を乗り越えてプレミアの舞台に復帰、その5年目にあたる今シーズンでセインツは躍進を果たせるのか? 古豪の機が熟す可能性を解説していきます。

サウサンプトンが古豪たる所以

1885年に「St. Mary's Y.M.A.」の名称で創設されたサウサンプトンFC(愛称:セインツ)は、1978-79シーズンから2004-05シーズンまでの27年間をトップリーグで戦い続けた古豪として知られています。その間のリーグ最高位は2位、FAカップでは2002-03シーズンに準優勝を飾っています。
しかし、トップディビジョンでの優勝となると、2部リーグに所属していた1976年のFAカップ1度のみ。チームとして伝統を持ちながらタイトルに縁がないことが、セインツを「古豪」止まりにさせている最も大きな理由でしょう。

優れた選手育成と財政難

サウサンプトンのアカデミー(育成組織)出身者には、大成してビッグチームのメンバーとなった選手が多数存在します。
アーセナルに所属するテオ・ウォルコット選手やアレックス・オックスレイド=チェンバレン選手、レアル・マドリードのガレス・ベイル選手などが今も現役で活躍しており、過去にはウェイン・ブリッジ選手やアラン・シアラー選手といったスターも生み出しました。
しかし、セインツはクラブの財政難を抱えてこれらの選手を放出、さらには運営会社が破産してしまったことでリーグから勝ち点を剥奪され、一時は3部まで降格するなど、2012-13シーズンにプレミア復帰を果たすまでは幾多の苦難も味わってきました。

おすすめの記事