「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界が注目するレスター・シティの2016-2017シーズンを解説!

2017 1/25 10:28
leicester city
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mooinblack / Shutterstock, Inc.

プレミアリーグ史上、類のない戴冠となった2015-16シーズン。レスター・シティの名は一躍世界に響き渡りました。 誰もが予想し得ない偉業を果たしたレスターは、2016-17シーズンにおいてどんな活躍を見せるのか? 近年の動向も含めて解説します。

「下部リーグの常連」レスター近年の歩み

レスター・シティがプレミアリーグに再登場したのは2014-15シーズンのことです。その前年までの10シーズンは2部リーグの常連で、2008-09シーズンには3部リーグまで格を落としていました。
2010年にタイの資本家が経営権を買い取ったものの、名だたるプレミアの強豪と比べてその資金力はあまりに小さく、プレミア昇格初年度は終盤まで降格まっしぐらの成績でした。しかし最後の最後で4連勝を含む7勝1敗1分けと奇跡の追い上げを見せ、14位でこのシーズンを終えます。

あまりに有名な「オッズ5000倍」の背景

2014-15シーズンを何とかプレミアリーグ残留で終えたレスター・シティですが、シーズンオフにも苦難は続きます。
クラブはシーズン中及びツアーでの不祥事を問題視してナイジェル・ピアソン監督を解任、選手数名も解雇とする決定を下しました。ピアソン監督の解任は日本代表の岡崎慎司選手がレスターに入団したわずか4日後の出来事でした。
後任にはヨーロッパで実績のあるクラウディオ・ラニエリ監督が招聘されましたが、多くのファンやメディアはレスターを新シーズンの降格候補と見なしていました。
開幕前にブックメーカーが提示したプレミアリーグ優勝オッズは実に5000倍。「エルヴィス・プレスリーが実は生きている(2000倍)」「ローマ法王がレンジャーズでプレーする(4000倍)」といった冗談にしか思えないような題目よりも高いオッズが付けられていたのは有名なエピソードです。

おすすめの記事