「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2016-2017シーズン解説】トテナム・ホットスパーの現在地

2017 1/25 10:28
Tottenham
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CosminIftode / Shutterstock, Inc.

イングランドプレミアリーグの強豪、トテナム・ホットスパー。 現在のプレミアリーグ「ビッグ5」に次ぐ存在として広く認知されていますが、昨シーズンは過去最高タイの3位でフィニッシュ、今期の躍進が期待されます。 この記事では、そんなスパーズの展望を近年の歴史と合わせてご紹介します。

「あと一歩足らず」が魅力でもあるスパーズの特徴

トテナム・ホットスパー(通称:スパーズ)は、かつてトップリーグのビッグ5(他にリヴァプール、アーセナル、エヴァートン、マンチェスター・ユナイテッド)を形成した古豪チームです。
これまでにプレミアリーグを制覇した実績はなく、特に2009-10シーズン以降は毎年上位に食い込むもののあと一歩足らずという状況が続いています。しかし、逆にそれが魅力なのか、著名人にも熱心なサポーターが多いことで知られています。
2010-11シーズンにはチャンピオンズリーグに初出場、ベスト8と上々の成績を収めますが、以降はヨーロッパリーグ(旧UEFAカップ)の出場に留まっています。
スター選手の獲得よりも一芸に秀でた若手の発掘やユース出身選手の育成に力を入れており、身の丈に合った経営とリーグ戦の上位進出という難しいミッションで結果を残し続けているチームです。

ファンの誰もが頭を抱えた2015-16シーズン

マンチェスター・ユナイテッドの迷走、チェルシーの守備崩壊、勝ちきれないリヴァプールと、強豪が波に乗れない2015-16シーズンは「最も予測不可能なシーズン」と呼ばれました。
そんな中、地道に勝ち点を重ねていったのがスパーズです。終盤まで2位につけていたスパーズは、唯一その上を行く伏兵レスターシティが息切れするのを虎視眈々と狙っていました。ところが、毎試合倒れるほど走り回っているはずのレスターが強豪相手にもしぶとく勝ち点を拾い、なかなか逆転のチャンスは訪れません。
迎えた第36節、スパーズはチェルシーと引き分けてしまったことで、とうとうレスターにプレミア初制覇を許してしまいました。このショックが相当大きく、残り2節をスパーズは連敗、気が付けばすぐ後ろに迫っていた宿敵アーセナルにも抜かれ、このシーズンを3位で終えたのです。

おすすめの記事