リヴァプールFCの概要と2016-2017の途中経過を徹底解説!|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リヴァプールFCの概要と2016-2017の途中経過を徹底解説!


liverpoolFC

Photo by Photo Works / Shutterstock, Inc.

イングランドのリヴァプールをホームとするサッカークラブ「リヴァプールFC」について解説していきます。 クロップ新監督を迎え、徐々にそのエッセンスが浸透しつつある2016-2017シーズン。 その行方やカギとなる選手についても分析していきます。

リヴァプールFCの歴史と鳴り響くチャント

リヴァプールFCはプレミアリーグの中で、ビック5と呼ばれる強豪クラブのうちの1つです。
プレミアリーグの前身時代から合わせると、リーグではマンチェスター・ユナイテッドに次ぐタイトル獲得回数を誇ります。
リヴァプールFCを応援する際のチャント(声援、応援歌など)には『You'll never walk alone』があります。この歌がホームスタジアムであるアンフィールドにこだまする時、選手とサポーターは一体となります。
これまでにはルイス・スアレス選手やフェルナンド・トーレス選手など、数々のストライカーを飛躍させたクラブでもあります。
そしてレジェンドはスティーブン・ジェラード選手。彼はリヴァプールFCで育ち、リヴァプールFCが良い状態の時も悪い状態の時も、常に懸命に支えてきた選手です。

2015-2016シーズンを支えた男たち。

2015-2016シーズンは、ルイス・スアレス選手売却後、初のシーズンとなりました。彼は2014-2015シーズンのリヴァプールFCをタイトル獲得目前まで近付けた選手。彼がいなくなったこのシーズンは苦難の年になりました。さらにはレジェンドであるスティーブン・ジェラード選手も退団。シーズンの結果は6位でした。
スアレス選手の売却で得た資金で、前線の層をかなり厚くしたものの、どの選手も満足いく結果を出せませんでした。
得点力が明らかに不足しており、スアレス選手の抜けた穴の大きさを知る結果に。シーズン半ばからシステムを3バックにして13戦無敗を成し遂げるも、時すでに遅しでした。

変革の2016-2017シーズン

2016-2017シーズンは新監督を招きました。それがブンデスリーガのドルトムントで指揮を執っていたユルゲン・クロップ監督でした。
彼が求めるのは執拗なプレス。それがゲーゲンプレスです。プレシーズンマッチからシーズン序盤はなかなか機能しませんでしたが、やがてこの戦術がフィットしました。
チームはボールを保持する機会を増加させただけでなく、攻撃の質まで向上。新戦力であるサディオ・マネ選手らの好調もあり、14節終了時点でリーグ3位につけています。

リヴァプールFCで躍動する一人のブラジル人

リヴァプールFCのキー選手はフィリペ・コウチーニョ選手でしょう。繊細なボールタッチから繰り出されるドリブルは相手選手を翻弄。バイタルエリアにスルスルと進入していくことができます。
それでいて、強烈なミドルシュートを放つことができるので、相手選手が守りづらい選手です。ドリブルを止めに行くか、シュートの壁となるか。どちらの選択をとるにせよ、この時に生じるタイムラグをコウチーニョ選手は逃しません。颯爽と抜き去り、ゴールへ向かっていくのです。

選手を保持できるかどうかが今後を左右する

リヴァプールFCのこれからの課題は、「選手を保持すること」でしょうか。スアレス選手やトーレス選手に代表されるように、リヴァプールFCはスター選手を引き抜かれることが非常に多いクラブです。やっと調子が上がってきたと思ったシーズンの翌年には、もうその選手はいないということもあり得てしまいます。
選手の引き留めには多額のお金がかかりますが、リヴァプールFCがタイトル争いを続けるためには、少しも多くのスター選手にできる限り長く在籍してもらう必要があるでしょう。

まとめ

これまでに数々のスター選手を引き抜かれてきたリヴァプールFC。 しかしながら、2016-2017シーズンは名将クロップ監督の采配が見事機能。リーグでも好調を維持しています。 これからもスター選手を保持することが大切になってきます。 プレミアリーグには強豪が数多く存在しますが、この名将と着実に歩を進めていけば、タイトル獲得も夢ではありません。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!