「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

チェルシーFCの概要と2016-2017の途中経過を徹底解説!

2017 1/20 10:11
chelsea FC
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Yuri Turkov/Shutterstock.com

イングランドのロンドンをホームとする、「チェルシーFC」について解説していきます。 世界的にも強豪として名高いチェルシー。 数々の栄光と挫折を繰り返して迎える2016-2017シーズンは、一体どうなるのでしょうか。

浮き沈みしつつ成長するチェルシーFC

チェルシーはイングランドのロンドンをホームとする、プレミアリーグの強豪クラブです。豊富な資金力を武器に、近年躍進を続けているクラブであり、移籍市場を大いに賑わせるクラブでもあります。 監督がどんどんと入れ替わったり、得点できるストライカーが長年不在だったりしたこともありますが、それは過去の話。クラブはごたごたを重ねつつも、着実に向上してきています。
ちなみに、フランク・ランパード選手やディディエ・ドログバ選手がチェルシーのレジェンドとして有名です。

2014-2015シーズンは歓喜のシーズンに

2014-2015シーズンは5年ぶりのリーグタイトルを獲得しました。名将モウリーニョ監督がチェルシーに復帰して2年目のシーズンでした。 彼は1年目でクラブを調整し、2年目でその結果を出すと言われますが、まさにその通りの結果に。このシーズンはレジェンドであるドログバ選手も復帰したシーズンであり、クラブに所属するあらゆる選手とスタッフが歓喜の渦に。サポーターも大いに喜んだことは言うまでもありません。
得点源であったストライカー、ジエゴ・コスタ選手、サイド突破を得意とするエデン・アザール選手らが爆発的な活躍を見せ、名声を欲しいままにしました。もちろん他にも多くの選手が好調だったことも、リーグ優勝を支えた要因となっています。

おすすめの記事