「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

FCバルセロナの概要と2016-2017の途中経過を徹底解説!

2017 1/20 10:11
fc barcelona
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by LevanteMedia/Shutterstock.com

スペインのバルセロナをホームとするサッカークラブ「FCバルセロナ」について解説していきます。 世界の名だたる強豪クラブの中でも、トップクラスのバルセロナ。 2016-2017シーズンはどうなるのでしょうか。さまざまな観点からその疑問に迫ります。

トップクラスの強さ、FCバルセロナ

バルセロナは世界でもトップクラスの強さを誇るクラブです。カンテラと呼ばれる下部組織出身の選手や、世界トップレベルの選手が集結。常に勝利が求められる常勝軍団でもあります。 バルセロナ、そして永遠のライバルであるレアル・マドリードの名前は世界に広く知れわたっています。サッカーに詳しくない方でもご存知の方はいらっしゃるでしょう。
現在はリオネル・メッシ選手、ルイス・スアレス選手、ネイマール選手からなる「MSN」という攻撃陣がバルセロナを牽引しています。

2015-2016シーズンを引っ張ったMSN

2015-2016シーズンもMSNが躍動。前年度である2014-2015シーズン同様、世界屈指の攻撃陣は、相手のディフェンスをことごとく打ち破り、ゴールを量産していきました。
特にスアレス選手の前線への抜け出しが素晴らしく、確実にボールをゴールマウスに沈めていきました。彼はメッシ選手とクリスティアーノ・ロナウド選手を抑えてリーグ得点王に。40ゴールという数字は異次元の働きです。 前年度に引き続き、ルイス・エンリケ監督の采配が見事的中。ボールを冷静に運んでも良し、前線に放り込んでも良し。まさに最強レベルの強さを見せつけました。

2016-2017シーズンはMSNがピンチ?

2016-2017シーズンは、14節終了時点で首位のレアル・マドリードに勝ち点6の差をつけられリーグ2位に。メッシ選手とスアレス選手は安定した得点を続けているものの、ネイマール選手が出遅れている感が否めません。 彼は2016年夏に行われたブラジル五輪にも召集されており、その疲れもあるのかもしれません。しかしながら、MSNは誰一人として欠けてはならないでしょう。
3人それぞれが高い技術でゴールに迫り、得点を重ねる。これなくして、今のバルセロナの躍進はあり得ないと言ってもよいのです。

FCバルセロナの縁の下の力持ち、黒子の存在

バルセロナではMSNの3選手が非常に大切な存在ではありますが、それ以上にアンドレス・イニエスタ選手もキー選手といえるのではないでしょうか。 彼は相手チームを苛烈に攻めたてるMSNの黒子として活躍し続けています。MSNが形成されてからは、前線へのパス供給だけでなく、守備のタスクも担うようになりました。
下部組織であるカンテラ出身の彼は、バルセロナの心臓として長年チームを支えてきました。彼なくしてMSNの攻撃はあり得ませんし、彼以外にバルセロナの心臓を担う選手はいないと言っても過言ではないでしょう。それだけに、彼の後継者となる選手の登場が待たれるところですね。

真の後継者は現れるのか…

MSNの3選手、アンドレス・イニエスタ選手に代わる選手の登場が待たれます。特にイニエスタ選手はすでに30歳を過ぎており、少しずつではありますが衰えが窺えます。 しかしながら、バルセロナではスターティングメンバーが強過ぎるため、カンテラの選手やその他控えの選手の出番が少なかったり、成長の機会や世代交代の機会が失われているように見えます。
常勝を求められるクラブとして、簡単にスタメンの質を落とせないといった事情はよくわかります。しかしながら、長い目線で見れば、若手選手の台頭を促進させていく試みが今よりも必要なのではないでしょうか。

まとめ

MSNの攻撃陣を筆頭に、世界トップクラスの強さを誇るのがバルセロナです。 宿敵レアル・マドリードとの一戦やスペクタクルなサッカーは、多くの人を感動させてきました。 これからもそんなバルセロナのサッカーの系譜が受け継がれていくことを、多くの人々が願っています。

関連記事

おすすめの記事