「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レアル・マドリードの概要と2016-2017の途中経過を徹底解説!

2017 1/20 10:11
real madrid
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-2017シーズンの途中経過を解説

2016-2017シーズンのレアル・マドリードCFは絶好調。14節では宿敵バルセロナとの一戦に臨み、1-1でドロー。同クラブに勝ち点6差をつけ、リーグ首位となっています。 中盤ではルカ・モドリッチ選手やカゼミーロ選手が躍動。巧みに相手選手からボールを絡めとり、前線のロナウド選手やカリム・ベンゼマ選手に高精度のパスを供給します。
ロナウド選手は、シーズン開始当初はなかなかゴールを奪えずにいました。しかしながら、10試合で11得点を記録するまでに復活をしており、やはりさすがといったところでしょうか。かつての華麗なドリブル突破よりは、ゴール前の抜け出しと反応に重点を置くようになり、やすやすと得点を量産しています。

レアル・マドリードCFの未来を切り拓くキー選手は誰だ?!

レアル・マドリードCFはルカ・モドリッチ選手がキー選手です。14節のバルセロナ戦でも見せていたように、彼は前線へのボール供給だけでなく、守備への貢献が素晴らしいのです。 よく走りよくプレスをかけるモドリッチ選手。仮に相手のボールが奪えなくとも、確実に相手のパスコースを潰す動きが行えているため、相手の攻撃は遅れがちに。そこに別の選手がプレスを重ねていくことで、レアル・マドリードCFは常に試合をコントロールしているように思えます。
モドリッチ選手の存在なくして、前線のロナウド選手の躍動は難しいでしょう。彼は守備のタスクをほとんど追わない分、攻撃力を存分に発揮する選手。しかしながら、その尻拭いは他の選手が行わなくてはなりません。そういった意味でもモドリッチ選手の存在は貴重なのです。

これからの課題は?

レアル・マドリードCFはロナウド選手やモドリッチ選手への依存を和らげる必要があります。モドリッチ選手に代わる選手には、まだ若いカゼミーロ選手がいます。しかしながら、ロナウド選手ほどの破壊力のある若手は未だ現れていないのです。
ロナウド選手は2015-2016シーズン、および2016-2017シーズンにかけてプレイスタイルをどんどん変えてきています。前述した通り、ドリブル突破よりもゴール前でのストライカーとしてのプレーが目立ってきているのです。これはやはり加齢による衰えも影響していると思われます。 ロナウド選手に代わるドリブラーを見つけることが、今後のレアル・マドリードCFの最優先事項なのです。

まとめ

レアル・マドリードCFは世界でもトップレベルの強さと人気を誇るクラブです。 クリスティアーノ・ロナウド選手に代表されるように、多くのスター選手が在籍しており、世界の目を惹くクラブです。 2016-2017シーズンは久しぶりにリーグタイトルを獲得できるかもしれません。今後もこの好調が続くか注目したいところです。

おすすめの記事