「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界が賞賛した!サッカー界の名審判5人

2016 11/29 21:30
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by AGIF / Shutterstock.com

サッカーの審判にスポットを当てたいと思う。選手以外でピッチに立つ権利を有し、公平なレフェリングから「試合を作る」立場にあるとても重要な役割を担っている。今回はその中でも世界中で高く評価される名審判5名を紹介する。

【名審判 その1】ピエルルイジ・コッリーナ(イタリア)

イタリア出身の元FIFA国際審判で、現在はUEFA審判部長を務めている。スキンヘッドがトレードマークで、2002年日韓共催のワールドカップでは、日本vsトルコの主審を務め、その後たこ焼き屋チェーンのCMに登場したこともあるため、日本国内での知名度も比較的高い人物だ。的確なレフェリングは選手からの評価も高く、1999年から5年連続でFIFA最優秀審判員に選ばれた。
1999年のチャンピオンズリーグ、2002年ワールドカップの決勝の主審を務め、「ビッグマッチを裁くのはコッリーナ」だと思うサッカーファンも多かったはず。イタリア国内の審判員としての定年後には、3年定年が先のイングランド・プレミアリーグからオファーを受けたこともあった。

【名審判 その2】ハワード・ウェブ(イングランド)

プレミアリーグで活躍し、2005年から国際審判としても活動したイギリス人レフェリー。パートタイムの警察官として働きながら、2009-10シーズンのチャンピオンズリーグ決勝(バイエルン・ミュンヘンvsインテル)、2010年ワールドカップの決勝(スペインvsオランダ)で笛を吹いたことでも有名だ。
「レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏」というドキュメンタリー映画にも主演し、銀幕デビューも飾っている。2015年からはイングランドのプロ審判協会でテクニカルディレクターに就任。レフェリーを育成しつつ、これからのプレミアリーグをピッチ外から支える役割を担っている。

おすすめの記事