「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーの歴史におけるキーパーの名選手を紹介

2016 11/29 21:30
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Kostas Koutsaftikis / Shutterstock.com

キーパーの名選手にスポットをあてたいと思う。歴史に残っている名選手をピックアップして紹介する。

世界最高峰のキーパーと言えば「レフ・ヤシン」

現在までにキーパーとして、バロンドールを獲得した唯一の選手レフ・ヤシンは、その長い腕と黒いユニフォーム姿から「黒蜘蛛」の愛称で親しまれていた。FIFAW杯のGK賞にも彼の名前が記されているほどだ。1949年にディナモ・モスクワに入団してから60歳と若くして死去するまでの全てを捧げた事から、ディナモ・モスクワには彼の銅像が建てられている。まさしく世界史上最高のキーパーと言えるだろう。

現役の名選手「ジャンルイジ・ブッフォン」

17歳でパルマのトップチームに昇格したジャンルイジ・ブッフォン。イタリア代表に選ばれてからは最多出場数を塗り替えるなどの記録を作っており、それは現在も更新中。2006年には、FIFAW杯での活躍が認められ、バロンドール受賞の噂もあったが、その時はイタリア代表のチームメイトでもあるファビオ・カンナバーロが受賞し、ジャンルイジ・ブッフォンは2位に終わってしまった。
しかし、2018年のW杯のロシア大会で引退する意向を表明しているため、ジャンルイジ・ブッフォンのプレーを見られるのはこのW杯が最後かもしれない。

おすすめの記事