「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー界が誇るディフェンス名選手5選

2016 11/10 19:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Laszlo Szirtesi/Shutterstock.com

サッカー界が誇る名ディフェンダーにスポットを当てたいと思う。守備の名人として世界で名を馳せた選手たち5名を紹介する。

【名選手 その1】フランコ・バレージ(イタリア)

フランコ・バレージは、強固な守備とクレバーな統率力で1980~90年代に活躍したイタリア代表のセンターバック。「グランデ・ミラン」と呼ばれたACミランの黄金期をキャプテンとして支えた。20年以上にわたって背負った背番号6は、パオロ・マルディーニの3番と並んで、ACミランでは永久欠番扱いとなっている。イタリア代表としては3度のワールドカップに出場。ここでもキャプテンを務め、94年のアメリカワールドカップでは準優勝に輝いた。
イタリア人としては珍しく、日本製のアシックスのスパイクを履いていたことも知られている。現在はACミランのアンバサダーとして、チームの外交活動に貢献。世界を飛び回っている。

【名選手 その2】ファビオ・カンナバーロ(イタリア)

2006年のドイツワールドカップを制したイタリア代表のキャプテン。センターバックとしては小柄ながら、1vs1の対応スキルがずば抜けて高く、「抜けないディフェンダー」の代表格とも呼べる選手だった。ナポリで育成され、ファウルを厭わぬ激しいプレースタイルを確立。紅白戦でマラドーナの足を折らんばかりの激しいプレーでボールを奪いにいったことは、有名な話だ。
生涯ナポリを心に誓いつつも、経営破綻により泣く泣くパルマへと移籍。しかし、ボールを奪う技術だけでなく駆け引きにも強いディフェンダーとして成長し、若き日のテュラムやブッフォンと強力なディフェンスラインを形成した。その後はユベントス、レアル・マドリードで活躍。世界最高のセンターバックとして君臨した。

おすすめの記事