「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヘディングの上手い現役サッカー選手5人

2016 11/10 19:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Natursports/Shutterstock.com

ヘディングの上手い選手にスポットを当てたいと思う。ゴールを決める場面、自陣ゴール前でのピンチを防ぐ場面で必要になる技術だが、ヘディングの名手とされる現役選手たちを紹介する。

【ヘディングの名手 1】ファン・ペルシー(ベシクタシュ)

英プレミアリーグのアーセナルで9シーズンにわたって活躍した、オランダ代表ストライカーだ。2004年にオランダを後にし、アーセナルへと移籍。しばらくはケガに泣くことが多く、半年近く戦線離脱するケースもしばしば。ゆえにチームにフィットせず、「無駄な買い物」と呼ばれたこともあった。
10代を過ごしたオランダ時代はサイドを主戦場としていたが、ヴェンゲル監督のもと徐々にセンターFWへと変化を遂げていく。当たり負けしないフィジカルを作り上げ、バネを生かした高い打点のヘディングは気がつけば大きな武器となっていった。
世界中の記憶に残るのは、2014年ワールドカップのスペイン戦でのヘディングゴール。ペナルティエリア手前から渾身のジャンプ、タイミングと力の伝え方まで完璧な状態でボールを捉えると、スペイン代表GKカシージャスの頭上をあっさりと抜き、世界中のサッカーファンの度肝を抜いた。

【ヘディングの名手 2】ガレス・ベイル(レアルマドリード)

ウェールズ代表でも活躍するガレス・ベイル。ドリブル・シュート・フリーキック、いずれもハイクオリティにこなす選手だ。ヘディングゴールも同じく高水準。昨シーズンのリーグ戦におけるヘディングゴール数は9ゴール、ヘディングに限って言えば、リーガ・エスパニョーラのトップスコアラーなのだ。
シーズン合計19ゴールなので、ヘディングゴール数は50%近く。自らもサイドを主戦場にしているが、中央に流れてゴール前でボールを受けるというチーム戦術が、ヘディングゴール量産のきっかけとなった。

おすすめの記事