「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー・ロングキックの上手い選手5人

2016 11/10 19:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Christian Bertrand/Shutterstock.com

ロングキックの上手い選手にスポットを当てたいと思う。後方から敵陣に向けて放たれるたった1本のパスで、大きなチャンスを作り出すことのできる選手たちを紹介する。

【ロングキックの名手 1】ジェラール・ピケ(FCバルセロナ)

FCバルセロナのセンターバックを務めるジェラール・ピケ。おじいさんはクラブの元副会長、自身も生まれてすぐにソシオとなり、ユース時代からバルセロナに所属。バルサの血が骨の髄まで流れている選手だ。
マンチェスター・ユナイテッドに4年間在籍したが、復帰するとすぐにトップチームの守備の要に成長。かつては中盤でもプレーしていたため、ロングキックの精度はかなり高め。ボール奪取からすばやく正確に前線へとフィードし、ショートパスをつなぐバルサスタイルにあっては、ピケから繰り出されるロングパスは攻撃のアクセントに。最終ラインからの積極的な攻め上がりはベッケンバウアーをほうふつとさせることから、「ピッケンバウアー」とも呼ばれている。

【ロングキックの名手 2】セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)

プロ入り当初はサイドバックとしてプレー、ユース時代はストライカーとして活躍していたこともあるセルヒオ・ラモス。現在はほぼセンターバックとしてプレーしている。
対人の守備、ボール奪取能力、カバーリングだけでなく、ロングキックの精度も高く、攻撃参加した際のインパクトも抜群。セビージャでもレアル・マドリードでもキャプテンを務め統率力もあり、傑出したパーソナリティを有し総合力のあるプレーヤーだ。ロングキックに関して言えば、前線に構えるBBC(ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド)に正確にボールを届けることができ、攻撃の第一歩となるパスを供給し続けている。

おすすめの記事