「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ドリブルの上手い現役選手5人

2016 11/10 19:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Marcos Mesa Sam Wordley/Shutterstock.com

本稿では、ドリブルの上手いサッカー選手にスポットを当てたいと思う。華麗なフェイントと爆発的なスピードで、相手ディフェンスを圧倒する稀代のドリブラーを紹介しよう。

【ドリブルの名手1】リオネル・メッシ(FCバルセロナ)

FCバルセロナのエースナンバー10を背負う、アルゼンチン代表FWがリオネル・メッシ。13歳で入団してからもう既に15年、トップチームに定着して11年の月日が流れた。
彼のドリブルの特徴は、絶妙な緩急と独特のボールタッチが生むリズム感にある。スピード、アジリティともに最高クラス。完全に立ち止まった状態から爆発的な加速で相手を置き去りにすることができる。
170cmと小柄ながら強靭なフィジカルを持ち、激しいチャージを物ともしないことから、「ボールを奪われにくい」ドリブラーでもある。年間30ゴール以上は当たり前、ハットトリック達成回数は通算34回、ドリブラーとしてもストライカーとしても、桁違いの実力を見せつける選手だ。

【ドリブルの名手2】ネイマール(FCバルセロナ)

近年のブラジルサッカーが生んだ最高のドリブラーであるネイマール。ブラジル代表不動の10番は、FCバルセロナでメッシとともにプレーしている。
彼のドリブルの特徴は、何と言っても変幻自在のフェイントにある。主要なフェイントはすべてが一段階上の切れ味を持っており、エラシコやヒールリフトなど実戦ではなかなか使わないフェイントも、彼にとっては通常のレパートリーに含まれている。
FCバルセロナでは左サイドを主戦場としており、彼がボールを持ち仕掛けていく場面が多く見られる。メッシ、スアレスと形成する3トップ(MSN)の中では、アシスト役に回ることも増えたが、中に切れ込むプレーも多く、相変わらずゴールを量産している。

おすすめの記事