「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

鹿島アントラーズの優勝の軌跡や優勝パレード・報告会まとめ

2016 10/3 15:52
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島アントラーズファンの方へ。 応援するチームのこれまでの軌跡を知りたいと思いませんか?
今回は、鹿島アントラーズのこれまでの優勝の軌跡や優勝パレード・報告会に関してご紹介します。

初代Jリーグ王者は鹿島!鹿島町は「サッカーの町」として一躍全国区に

Jリーグが開幕した1993年以来、8回の優勝歴を誇る鹿島アントラーズ。初めての優勝を飾ったのは、Jリーグ元年の1993年。アントラーズにとって開幕戦となった名古屋グランパス戦では、ジーコのハットトリックやアルシンドの2得点などで5対0の大勝。その勢いのままJリーグ初代王者に輝きました。
これにより、本拠地である茨城県鹿島町は「サッカーの町」として一躍全国区となり、当初懸念されていた観客動員数も順調に伸び、むしろチケット入手困難なスタジアムとして認知されるようになりました。

2度目の優勝は最終節までもつれる展開に

クラブ史上2度目の優勝となったのは、前年までの2ステージ制を廃止して、ホーム&アウェイ方式の2回戦総当りが導入された1996年シーズン。元ブラジル代表トリオが目覚ましい活躍を遂げた横浜マリノス(現在の横浜F・マリノス)がリーグ序盤の8連勝で首位に立つも、その後失速。
アントラーズは、当時ルーキーだった柳沢敦の活躍により首位に躍り出ました。この2チームを追うのがベンゲル監督率いる名古屋グランパス。最終的に、この3チームは21勝9敗と同成績。PK戦による負けの数の差で、ぎりぎりアントラーズが逃げ切って優勝しました。

おすすめの記事