「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ガンバ大阪の優勝の軌跡や優勝パレード・報告会まとめ

2016 10/3 15:52
吹田スタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Kanko3131

ガンバ大阪ファンの方へ。
応援するチームのこれまでの軌跡を知りたいと思いませんか?
今回は、ガンバ大阪のこれまでの優勝の軌跡や優勝パレード・報告会に関してご紹介します。

Jリーグ開幕から13年目にして、やっと手に入れた優勝

ガンバ大阪が初優勝を飾ったのは、Jリーグ開幕から13年目のシーズンにあたる2005年。シーズン序盤こそ6試合でわずか1勝しかできませんでしたが、ブラジル U-23代表歴のあるアラウージョや日本代表のFW大黒将志の攻撃力が爆発し、シーズン中盤で首位に立ちました。
そして、最終節まで持ち越された優勝争いは、ガンバ大阪が1歩抜け出し見事初優勝。なお、アラウージョが33得点を挙げ、得点王と年間最優秀選手賞を受賞しています。

優勝報告会で放ったシジクレイ主将のコメントで会場が大賑わい

2005年のシーズンで悲願の初優勝を遂げたガンバ大阪。優勝が決定したおよそ1週間後に、吹田市文化会館や高槻市役所にて表敬訪問および優勝報告会を行いました。当日は選手全員が訪れ、集まった市民やファンに向けて優勝の報告をしています。また、当時のホームグラウンドだった万博記念競技場でも、ファンやサポーター約5500人を集めて優勝報告会を開催。
主将を務めていたシジクレイは「悲願のタイトルはサポーターの後押しのおかげ。毎度おおきに」とコメントし、会場は大いに賑わっていたそうです。

おすすめの記事