「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

三ッ沢公園球技場へ行こう!オススメの楽しみ方5選

2016 9/23 11:08
サッカー スタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

三ッ沢公園球技場ってもしかするとあまり知らない人もいるかもしれませんが、関東では歴史のある球場として有名です。一度知ってみるとすごく良い球場ですよ。そこで、今回は三ッ沢公園球技場の魅力についてご紹介したいと思います。

三ッ沢公園球技場の歴史

三ッ沢公園球技場は、神奈川県の横浜にある三ッ沢公園の中にある球技場です。市街地近くにあるため、交通の便は非常に良いです。
三ッ沢公園球技場の歴史は古く、1955年に第10回国民体育大会のために開場されたサッカー専用のスタジアムです。1964年の東京オリンピックの際にも、サッカー競技場として利用されています。また、プロサッカーだけでなく、 アマチュアサッカーの試合や、ラグビーの試合においても頻繁に利用されてきており、神奈川県や東日本でのサッカーとラグビーの大会における重要な開催地として存在してきました。

三ッ沢公園球技場のインフォメーション・アクセス

三ッ沢公園球技場は、130m×74mのティフトンをメインとした天然芝が敷かれています。スタンドは鉄筋コンクリートで、床面積が5,049.11㎡、建築面積が2,478.05㎡とすごく大きなスタジアムではないですが、必要十分の大きさを確保しています。収容人数は15,454人(車いす席30人を含む)で、メインスタンドで5,580人、バック、サイドスタンドで9,874人を収容することができます。会場当初は15,000人を収容することができませんでしたが、Jリーグを開催するに伴い、規定に合うように増築を行われました。
会場へのアクセスについては、横浜市営地下鉄三ツ沢上町駅から歩いて15分ほどです。横浜駅から市営バスを使用するとグランド入口まで行くことができます。

おすすめの記事