「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヴィッセル神戸の応援の仕方を知って観戦を楽しむ5つのポイント

2016 9/16 11:29
サッカー、応援
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jim Barber/Shutterstock.com

ヴィッセル神戸を応援したいけれど、どうしたらいいかわからないという方に。
スタジアムで多くのサポーターと一緒に盛り上がれれば、とても楽しい時間になりそうですよね。
ヴィッセルをもっと応援したくなるような情報をご紹介します。

グッズや情報は楽天でゲット!

ヴィッセル神戸のスポンサーは、インターネット通販の楽天です。そのため、グッズやユニフォームは楽天で購入することが出来るので、サポーターの中でポイントをためている人にもお勧めです。品ぞろえも豊富で、対応も迅速なので、試合観戦に合わせてゲットしておきましょう。
また、試合当日に選手たちと手を繋いで登場する子どもたちを募集したり、試合観戦チケットのプレゼントをしたり、それらの告知や募集を楽天のページ上で行うことがあるので、ヴィッセルを応援しようと思うなら楽天のサイトをこまめにチェックしておくと、良い情報や商品を得られるかもしれないですよ。

夏の試合のときには、神戸駅周辺で応援うちわをもらおう!

ヴィッセル神戸では、夏の時期の試合PRと地域貢献活動を兼ねて、神戸市内で応援うちわの配布をしています。これがあれば、試合会場はもちろんですが、家でもどこでもヴィッセルを身近に感じることが出来るので、サポーターとしては是非手に入れたいものですね。
スタジアムに応援に行けば、その周辺で配布しているでしょうからそこでもらえばいいですが、ほかには夏祭りの会場や神戸駅周辺でも配っているので、市内で見かけたときにはぜひ、ヴィッセルうちわをゲットして、夏の応援時のアイテムとして使いましょう!

TUBEとコラボしたテーマソング!

ヴィッセル神戸は今年からTUBEのギタリスト春畑道哉氏とコラボして、春畑氏が作曲した「We are ONE」をテーマソングとしました。これは選手入場時や応援番組などで使われています。
春畑氏は、もともとJリーグ自体が開幕する頃に「J’s THEME」という楽曲を作り、いまでもこの曲は使われていますので、Jリーグに係わり続けてきている人物と言えます。今回はヴィッセルのためだけに書き下ろした曲なので、この曲を聞くにはヴィッセルの試合を見に行くしかないんです。ヴィッセルでしか体感できない音を聞くと言うのも、またひとつヴィッセル応援の楽しみの一つですね。

隣の人と肩を組んで一緒に飛び跳ねよう!

ヴィッセルの応援をスタジアムでするならば、知らない人であっても隣の人と肩を組んで、大きな声で応援歌を歌って応援してみませんか。 その時に歌うのが『OLe!!Ole! Ola!』です。
サポーターが一丸となって選手を鼓舞するときに歌うので、みんなで肩を組んで飛び跳ねながら歌います。歌詞は「オレオレオレオレオレオレオラ!オレオレオレオレオレオレオラ!オー フォルツァ神戸アレ!ラ ラララララ! ラ ラララララ!」と、難しいことは無くすぐに覚えられるのではないでしょうか。 一緒に飛び跳ねれば、知らない人とでもすぐに仲良くなれそうですよね。

ヴィッセルはダービー戦が多いのも楽しみのひとつ

サッカーではダービー戦が一番盛り上がると言われていますが、神戸市に本拠地を置くヴィッセル神戸には、その地理上ダービー戦が多いのが特徴でもあります。
大阪に本拠地を置く、ガンバ大阪やセレッソ大阪との阪神ダービー、鳴門海峡を隔てた徳島ヴォルティスとの海峡ダービーです。 各チームがJ1に所属しているときには頻繁に行われていましたが、J2に所属するチームが出てきたことで、天皇杯などのカップ戦などで実現することになって、そのときには久しぶりに訪れたダービー戦とばかりに、両チームのサポーターには一層の熱が入ります。

まとめ

ヴィッセル神戸の応援では、隣の知らない人とでも肩を組んで一緒に飛び跳ねて応援を楽しんで見るのがいいのではないでしょうか。ダービー戦の確率が高いので、いつもとは違う楽しみ方が出来る機械が多いのも特徴ですね。グッズを買い、うちわを持って、スタジアムへ行ってみましょう!

以上「ヴィッセル神戸の応援の仕方を知って観戦を楽しむ5つのポイント」でした。

おすすめの記事