「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名古屋グランパスの試合観戦を楽しむ5つのポイント

2016 9/16 11:29
サッカー イメージ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by JTKPHOTO/Shutterstock.com

圧倒的な資金力をほこるトヨタ自動車をスポンサーとする名古屋グランパス。名古屋グランパスの歴史やどんなチームかを少しでも知識として持っておけば、きっと応援も楽しく観戦の面白さを感じることができるのではないでしょうか。

名古屋グランパスの歴史

前身は1939年に創部されたトヨタ自動車工業サッカー部。スポンサーはもちろんトヨタ自動車であり、日本のサッカーチーム屈指の資金力を誇っています。Jリーグ創設時のオリジナルの10チームの中の1つであり、強豪とされるチームですが、93年、94年シーズンは成績が振るわずに苦しんだ過去もあります。その後は徐々に成績を残し始め、2010年シーズンでは2位のガンバ大阪に勝ち点差10をつける圧勝で、初のリーグ優勝を飾りました。

名古屋グランパスのホームタウン

ホームタウンは名古屋市、豊田市、みよし市を中心とする愛知県全域。ホームスタジアムはパロマ瑞穂スタジアム、豊田スタジアムで、練習場にトヨタスポーツセンター練習場を構えております。豊田スタジアムは4万人収容の日本で2番目に大きなサッカー専用のスタジアムです。

おすすめの記事