「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サガン鳥栖、コンセプトを戻し約2か月ぶり勝利 最下位脱出へ必要なものは

2019 5/15 11:00中山亮
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

サガン鳥栖が約2か月ぶりの勝利

J1第11節、正式に金明輝(キン・ミョンヒ)監督となったサガン鳥栖はガンバ大阪に3-1で勝利。3月17日の第4節磐田戦以来となる2勝目を挙げ、第5節横浜FM戦以来3試合目となる勝ち点を獲得した。

カレーラス前監督が率いた(不在の第10節も含む)10試合でわずか1得点と深刻な得点力不足に悩んでいたが、前半16分にイサック・クエンカのヘディングシュートで先制すると、豊田、原川も得点を決め、これまでのうっ憤を晴らすかのように得点を量産。

試合終了間際に食野の技ありプレーで1点を許したが、それ以外はG大阪の反撃をしのぎ快勝した。

「鳥栖らしい」サッカー

走行距離はG大阪の105.425kmに対して鳥栖は109.381km。スプリント数はG大阪の144回に対して鳥栖は172回。タックル数は前節までの10試合では20.8回/試合に対してこの試合では25回。ハードワークをベースにしたアグレッシブな戦い方でG大阪にほとんど何もさせない。G大阪戦の鳥栖は従来の「鳥栖らしい」チームになっていた。

それもそのはず。金明輝監督は鳥栖がJ1昇格を決めた2011年に鳥栖で現役を引退すると、その翌年から下部組織のコーチとして指導者をスタート。その後一貫して鳥栖の下部組織やトップチームで指導者としてのキャリアを積んできたからだ。

そして昨季もフィッカデンティ氏が監督を退任したあとを受けトップチームの監督に就任。ハードワークをエースにしたアグレッシブな戦い方でラスト5試合を3勝2分の無敗で乗り切り、チームをJ1残留に導いている。

おすすめの記事