「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

J1復帰の大分の特異なパスサッカー 疑似カウンターでアジア王者撃破

2019 3/1 15:00中山亮
サッカーボール,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

低い位置でパスをつなぐ大分

2019年明治安田生命J1リーグ、開幕節で最も大きなインパクトを与えたのは昨季のアジア王者鹿島アントラーズを敵地で下した昇格組大分トリニータだろう。

片野坂監督がこれまでの3年間で作り上げてきたのは、パスを中心としたアタッキングフットボールである。昨季のJ2でリーグ2位のパス数、リーグトップの得点数を記録した。

この開幕戦でも、リードする時間が長かった為パス数こそ鹿島の575本に対し大分は509本と少し下回ることとなったが、パス成功率は80%。そしてボール支配率では鹿島を上回る51%を記録。守備を固め一発のカウンターではなく、アジア王者鹿島に対し大分のスタイルを貫き勝利した。

大分のパスサッカーは一般的なパスサッカーとは異なる特徴を持っている。

当たり前だがパスサッカーのチームはパスをつなぐことで攻撃を組み立てボールを前進させる。その結果最もパス数が増えるのはピッチを三分割したときの中央にあたるミドルサード。中盤でボールを繋ぎながら相手のディフェンスラインの乱れを突いて、相手を押し込みゴールに近づいていく。

パスサッカーの典型例は川崎Fで、最もパス数が多いのはミドルサード、次いで多いのがアタッキングサード。そして最もパス数が少ないのは自陣ゴールに近いディフェンシブサードとなっている。

しかしこの鹿島戦で大分のパス本数が最も多かったのは、自陣ゴールに近いディフェンシブサード。次いでミドルサード。最も少ないのがアタッキングサード。前に行けば行くほどパス数は少なくなる。

プレー比率でいえばディフェンシブサードで半分を超える54.2%ものプレーが行われ、ミドルサードでは34.8%、アタッキングサードでは11.0%だった。

通常こういった、前に行けば行くほどプレー数・パス数が少なくなるのはボールを奪ってから縦に速く攻めるカウンター型のチームが持つ傾向だ。

たとえ成功率が低かったとしても、そのうち1回でも成功すれば得点のチャンスが訪れると考え、どんどん前にパスを送る。なのでそういったチームはパス成功率は下がり、相手に奪われる回数が増えるのでパス数も少なくなる。

しかし大分の場合パス成功率は80.0%、パス数は509本と、むしろパス成功率は高く、パス数も多い。ここに大分の秘密がある。

おすすめの記事