「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

白い恋人が揺れる!もしコンサドーレ札幌が優勝したとしたら

2016 9/8 02:39
北海道コンサドーレ札幌のロゴマークⒸPSawanpanyalert/Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸPSawanpanyalert/Shutterstock.com

チケット争奪戦必至!全道からそして全国からサポーターが集結!

2016年にコンサドーレ札幌から北海道コンサドーレ札幌に改名。北海道全体をホームタウンとしている。また、ホームはもちろん関東在住やアウェイのサポーターが多いのも有名で、赤黒を身にまとったサポーターが全国に大勢いる。

チケット争奪戦は必至ともいえ、過去にはJ2からJ1に昇格する試合で札幌ドームが超満員となり、立ち見が出るほどの人気ぶり。

優勝パレードは駅前通り

優勝パレードは、北海道日本ハムファイターズの優勝パレードやコンサドーレ札幌の昇格パレードがあった、街の中心部でもある札幌駅前通りで行われるはず。

コンサドーレ札幌が初めてJ1に昇格した際は、約2万人がパレードに集まったとされている。Jリーグ優勝ともなれば、より多くの人々が押し寄せることになり、ビールかけもあるかもしれない。

昇格記念スイーツが登場

北海道コンサドーレ札幌のメインスポンサーといえば、白い恋人でおなじみISHIYAこと石屋製菓だ。そして、期間限定でパッケージがコンサドーレ札幌の「勝栗」や、チームをイメージした「キャンディラボ/コンサドーレミックス」が販売されていたことを知っていただろうか。

日本最北のJ1強豪クラブの誕生

Jリーグの中で、日本の最北端に位置するコンサドーレ札幌。雪深い地域ということで、リーグ開幕前は九州や沖縄で長期キャンプを組む。そのため、数か月間札幌に帰ってこないこともある。

なかなか結果が出せずにいる雪国のチームだが、優勝すればJリーグの強豪クラブとして名乗りを上げることとなり、日本最北の強豪クラブとして注目されることになるかもしれない。そうなると、地域全体のサッカー熱が上昇し、より力も入るだろう。北海道のサッカー文化にも大きな変化が訪れるはず。

子供たちのコンサドーレ札幌人気が上昇する!

流行に敏感な子供の多くは、優勝すればチームや試合に興味を持ち、プレーを観るために会場へ足を運ぶようになるだろう。

次世代に向けて発展するクラブにとって子供の応援は、未来への可能性にも繋がるはず。

おすすめの記事