「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スペイン人指揮官対決は期待以上の内容に J1開幕第1戦C大阪対神戸

2019 2/25 15:37中山亮
サッカーボール,イメージ画像,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

「期待はずれ」か「期待以上」か

ホームチームが1-0で勝利した、2019年明治安田生命J1リーグオープニングマッチ。セレッソ大阪対ヴィッセル神戸の一戦は「期待はずれ」とも取れる試合だった。

一昨季のルーカス・ポドルスキ、昨季のアンドレス・イニエスタ。そして今季はダビド・ビジャ。これだけの選手がJリーグの同じチームでプレーすることはこれまでのJリーグの歴史では無かったことだ。

その3人が初めて公式戦顔をそろえることとなったこの試合。期待が集まらないはずがない。しかし結果的に神戸は彼ら3人だけでなくチームとして無得点で敗戦。「期待はずれ」と捉えた人も多いだろう。

しかし彼ら3人を擁する神戸が無得点での敗戦に終わったのは、彼らのコンディションに問題を抱えていたからでも、チームとしてのまとまりを欠いていたからでも無い。

スペインで数々のチームを率い、その見識からグアルディオラ監督が師匠と仰ぐファン・マヌエル・リージョ監督が率いる神戸はチームとしての戦術的クオリティは高く、コレクティブにまとまっていた。

そして今季からC大阪を率いるロティーナ監督もスペインで長年に渡ってチームを率いていた人物である。そのロティーナ監督が神戸を下すために戦術的にも組織的にも完成度の高いチームを作り上げてきた。

そんな両チームがぶつかりあった試合である。「期待はずれ」と捉えてしまうのは少しもったいない。

おすすめの記事