「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もし湘南ベルマーレが優勝したら”湘南スタイル”が流行語になる!?

2016 9/7 17:39
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Chepakusha/Shutterstock.com

湘南ベルマーレのサポーターの方へ。
湘南ベルマーレのサッカーは”湘南スタイル”と呼ばれファンに親しまれていますが、そんな”湘南スタイル”で優勝したらどうなるのか!?を想像します。

湘南ベルマーレが優勝したら20年ぶりのタイトルに!

湘南ベルマーレは二部暮らしが長く、タイトルはとってないイメージですが、1994年に天皇杯、1995年-1996年のシーズンでアジアカップウイナーズカップを制覇しています。それ以来のタイトルなので、20年ぶりのタイトルとなりますね。
当時のチーム名はベルマーレ平塚だったので、湘南ベルマーレになってからは初のタイトルとなります。1994年にJリーグへ加入し、1995年にヒデこと中田英寿選手が入団した時以来の盛り上がりが期待されます。

チョウ監督が長期政権をさらに強める!?

2005年から湘南ベルマーレに関わり、ジュニアユース、ユース、トップチームアシスタントコーチを経て2012年からトップチームの監督を務めるチョウ監督が、スタイルを変えずに10年以上監督を続けそうです。
下の世代からともに汗を流し結果を残した監督のもとへ、有望株は入団を希望します。そうなるとチョウ監督がひとつの象徴になるので、トップチームには監督として残るでしょう。もしくは総監督の位置にチョウ監督が入り、各世代をバランスよく見ることになるかもしれませんね。

平塚駅前の商店街がお祭り騒ぎに!?

湘南ベルマーレは神奈川県内の厚木市、平塚市、伊勢崎市、小田原市、茅ヶ崎市、秦野市、藤沢市の7市と中郡大磯町、二宮町、高座郡寒川町の3町を合わせた10の地域をホームタウンにしています。
その中でもやはり発祥の地である平塚の盛り上がりが一番大きいでしょう。ファン感謝イベントを行う平塚駅前の商店街は、所狭しと毎年のように大賑わいなので、優勝となればリオのサンバカーニバル並みの混雑になるのではないでしょうか。想像しただけでも楽しそうですね。

スポンサーが固定される!?

湘南ベルマーレが優勝すると、ユニフォームの胸部分にロゴが入るスポンサーが固定されるのではないでしょうか。ここ数年は毎年のように胸スポンサーが変わっており、固定化できておりません。優勝すると露出も高まるので、翌年以降のスポンサーは固定でがっちり決まるかもしれませんね。固定のメインスポンサーが付けば、外国人選手の獲得も資金的に余裕が生まれるのではないでしょうか。優勝すると様々なことが好循環で巡っていく未来が描けそうですね。

湘南スタイルが流行語に!?

湘南ベルマーレのチョウ監督が定義する湘南スタイルは、

スタンドとピッチが同じ気持ちを共有しながら、スタジアム全体に『これがベルマーレのサッカーなんだ』と胸を張れる空間をつくりだすこと

出典:CYCLE

です。
このスタイルをチョウ監督はチーム内で共有、J2の時から実践し、J1に上がっても崩さずにやり続けてきました。2年ぶりのJ1となった2015年は下馬評を覆し残留を見事決めチョウ監督の手腕が評価されました。もし湘南ベルマーレが優勝すれば、”アモーレ”と並んで”湘南スタイル”が流行語に選ばれるかもしれませんね。

まとめ

湘南ベルマーレはJ2から上がってきて間もないチームです。
しかし、チョウ監督が行ってきた”湘南スタイル”が花開けば、もしかしたら……と想像させてくれるのが湘南ベルマーレです。

おすすめの記事