「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もしアルビレックス新潟にJ1優勝の日が訪れたら

2016 9/7 08:39
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by d13/Shutterstock.com

毎年のように降格候補と評されるアルビレックス新潟ですが、思えばJ2を制した2003年以降、カップ戦を含めて優勝の経験がありません。
J1昇格から13年、苦戦を強いられたアルビレックスの優勝に立ち会いたいと長く望んでいる方へ、そのチームの魅力を改めてご紹介します。

サポーターの狂喜乱舞

アルビレックス新潟を語る上で外せないのが、熱心なファンやサポーターの存在です。近年はやや減少傾向にあるものの、アルビレックスにはコアなファンが多く、本拠地のビッグスワンでは大声援が飛び交います。試合日に会場入りする選手バスを3000人のファンが出待ちしていた、という逸話もあるアルビレックスのサポーターは、チームがJ1優勝を果たした時、どのような反応を示すのでしょうか。歓喜に沸くビッグスワンや新潟の街を見てみたいと思うのは私だけでしょうか。
いずれにしても、日本代表のようなスターがいないにもかかわらず、ここまで熱くチームをサポートするファンは、選手たちにとっても心強い存在に違いありません。

亀田の記念銘菓

日本を代表する米菓メーカーの亀田製菓は、アルビレックスのスポンサーとしても有名です。ユニフォームの胸部分に大きく描かれた「亀田製菓」の文字は、Jリーグファンならお馴染みではないでしょうか。
アルビレックスの前身である「アルビレオ新潟FC」の設立時からスポンサーを務める亀田製菓が、待望のJ1優勝を記念してアルビレックスにちなんだ銘菓を製造販売してくれれば、チームの知名度もさらに上がっていくことでしょう。
…という妄想を膨らませていましたが、なんと亀田製菓からアルビレックスをイメージしたハッピーターンが発売になったようです。なんでも今年からユニフォームのロゴを「ハッピーターン」に変えたことがきっかけだとか。優勝とは関係なかったようです。

おすすめの記事