「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もし、柏レイソルが2016年Jリーグの年間優勝を目指すなら

2016 9/7 17:39
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by anuphadit/Shutterstock.com

Jリーグも7月から後半戦がスタート。
J1セカンドステージも白熱した試合が行われています。
ファーストステージでは7位に終わった柏レイソルは、今後の巻き返し、さらには年間優勝に向けた快進撃を期待したいところです。
この記事では柏レイソルの年間優勝に向けて、その可能性をご紹介します。

勝ち点から見た「柏レイソル年間優勝」の可能性

7月2日に行われたJ1セカンドステージ開幕戦を1-0の勝利で終えた柏レイソル。これでファーストステージと合わせた勝ち点は27となりました。年間順位は7位、首位の川崎フロンターレとは勝ち点差14という情勢です。リーグは残り16試合ですので、年間優勝を果たすには数字的にも決して不可能ではありません。
ここ10年間にJ1で優勝したチームの年間勝ち点を見ると、最低が60、最高が2011年のレイソルも含めた72となっています。今年のレイソルが勝ち点を72まで積み上げる正直厳しいところですが、勝ち点60であればまだ十分に現実味があります。
問題は、今年のJ1において勝ち点60が年間優勝のラインに乗るかどうかですが、ファーストステージで優勝を争った上位陣と、優勝争いに加われなかった力のあるチームの動向によっては可能です。これらのチームで星のつぶし合いが行われれば、年間優勝に必要な勝ち点が下がり、レイソルにとって大きなチャンスとなります。

ポゼッション型コンパクト戦術が攻守に好影響

柏レイソルが今年採用しているフォーメーションは主に4-5-1ですが、対戦相手によって陣形も変化させるという柔軟さも備えています。両ウイングがより攻撃的な位置取りをする4-3-3や、フォワードを2枚にした4-4-2、さらには3バックで戦った試合もあります。
このように幅広いシステムを採用できている要因として、人数をかけてボールを支配する攻撃戦術が挙げられます。
中盤で各選手がボールホルダーをサポートしながら動き、狭いスペースでもボールをつないでいくコンパクトな戦術を用いているのです。そのためサイドの選手でもタッチライン際を上下するだけでなく、中に入る動きで中盤のボールポゼッションに参加する場面が見られます。対戦相手としては中盤の守備に人数を割かなければならなくなり、とっさに空いたスペースを突かれると対応が遅れてしまうというリスクが生じます。
また、守備時に見せる球際の強さやアグレッシブな動きも、ボールを支配する戦術に大きな貢献を果たしています。

おすすめの記事