「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もしガンバ大阪が優勝したら、それは新スタジアム効果!?

2016 9/7 17:39
このエントリーをはてなブックマークに追加

2年ぶりのチャンピオンへ!

2014年にJ1制覇したガンバ大阪が今シーズン優勝すれば、2シーズンぶりのJ1制覇となる。

2013年はJ2に降格したものの、その年にJ2を制覇。翌2014年はJ1を制覇し、2015年は天皇杯をも手に入れた。毎年のようにタイトルやチャンピオン争いをしているガンバ大阪でも、リーグ制覇の喜びは格別のはず。

長谷川健太監督体制は長期政権へ

長期政権を「良し」とするガンバ大阪。2002年から2011年まで長期政権を築いた西野朗監督が、Jリーグ、天皇杯、ナビスコカップの制覇と、現在の強豪ガンバ大阪の礎を作った。

2013年からは長谷川健太が監督を務めている。今シーズンに優勝を決めれば、チームの黄金期を作るという意味でも長谷川体制がさらに強まるのではないだろうか。

大物ポイントゲッターを獲得する!?

ガンバ大阪の得点源であった宇佐美貴史が海外に移籍してしまったため得点力ダウンの可能性はあるが、今シーズン優勝すれば来シーズンに向けての大型補強も考えられるだろう。

1997年から1998年は当時のカメルーン代表FWでもあったパトリック・エムボマを獲得しているのだが、ここでまた優勝という実績を新たに作れば、さらなる大物を獲得できるかもしれない。新スタジアムに大物外国人が来れば、観客動員数も大幅増になるだろう。

街中でセール開催!?

ガンバ大阪のメインスポンサーであるパナソニックは、メーカーなので特段セールはない。しかし、前回の優勝時には”セブン-イレブン”や”焼き肉でん”といったパートナー企業がセールを行った。

優勝したら新スタジアム効果!?

今シーズンよりガンバ大阪は、吹田スタジアムをホームとして戦っている。他のチームが羨むほど綺麗なサッカー専用スタジアムだ。

利用1年目に優勝すれば、スタジアム効果の可能性がないとも言えない。またそうなれば、スタジアム問題で揺れるサンフレッチェ広島も建設が一歩前進するかもしれない。

おすすめの記事