「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オレンジの歓喜!もし大宮アルディージャが優勝したら

2016 9/8 02:39
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

優勝すればさいたま市民がオレンジ色に染まる

もとは大宮市をホームタウンとしていたが、大宮市がさいたま市として大きく生まれ変わったことにより浦和レッズと同様、さいたま市をホームタウンとすることになった大宮アルディージャ。

浦和レッズとは因縁の対決ともいえる、さいたまダービー。浦和レッズの勢力が強い地域だが、大宮アルディージャが優勝すれば市も大きく注目されることになるだろう。

アットホームなチームだからこそ一丸となった優勝を

さいたま市に2つのチームが存在しているため比較されやすいが、大宮アルディージャの方がアットホームな雰囲気を持っている。

スタジアムはキャパが小さいため、選手たちの息遣いまで聞こえるほど臨場感がある。そのため共に戦っていると感じさせてくれ、身近に感じられる。また、ファンサービスにも力を入れており、サポーターと一丸でチーム作りをしている。

オレンジロードで優勝パレード

浦和レッズが優勝した時は、優勝パレードを行ったさいたま市。その時は浦和区を中心としたルートで組まれていたため、おそらく大宮アルディージャの時にも大宮区を中心としたルートが組まれるだろう。

大宮駅西口周辺には、スタジアムまでの道をオレンジ色に染めたオレンジロードがある。西口周辺をパレードに使用し、西口前で優勝報告会を行うのかもしれない。

J2優勝の時も盛り上がった!

現在はJ2だが、2015年にはJ2で優勝しJ1昇格を手に入れている。

なかなか良い結果を積み重ねることができず、苦しんだ時期もあったのだろう。選手もサポーターも優勝の瞬間を大きな歓喜で迎えた。満員でオレンジ色に染まったNACK5スタジアムには、雨にもかかわらず多くのサポーターがスタジアムに残り、選手たちと喜びを分かち合った。感激して涙する選手やサポーターも多く、渋谷監督の男泣きも話題になった。

通常、平日の練習場には多くても30人ほどのサポーターが来ていただけだったが、優勝後は連日150人を超えるサポーターが詰めかけ、優勝を讃えた。

おすすめの記事