「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オレンジの歓喜!もし大宮アルディージャが優勝したら

2016 9/8 02:39
サッカーゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mikael Damkier/Shutterstock.com

大宮アルディージャがもし優勝したら…?と考える方へ。
まだタイトルを獲ったことがない大宮アルディージャが優勝したら、どんなことになるのか…想像したいですよね。
優勝したときの大宮アルディージャを考えてみました。

大宮アルディージャが優勝するとさいたま市民がオレンジ色に染まる!?

大宮アルディージャは、元々の大宮市をホームタウンとしていましたが、さいたま市として大きく生まれ変わったことで、浦和レッズと同じくさいたま市をホームタウンとするクラブとなりました。
Jリーグを象徴する存在である浦和レッズとは、因縁の対決、さいたまダービーが存在します。浦和レッズの勢力が強い地域となっていますが、大宮アルディージャが優勝することでさいたま市民も大きく注目されることが予想され、オレンジ色の歓喜で染まることも考えられます。

アットホームなチームだからこそ一丸となった優勝を

さいたま市に2つのチームがあることで比較されますが、浦和レッズよりも大宮アルディージャの方がアットホームな雰囲気を持っており、より身近な感覚で応援することができるチームでもあります。
ホームスタジアムも小さめのキャパながら、選手たちの息遣いまで聞こえる臨場感あるサッカー専用スタジアムであり、より共に戦っていると感じさせてくれるスタジアムであることも、身近に感じられる理由のひとつです。選手たちもファンサービスに力を入れており、サポーターと一丸となったチーム作りをしているだけに、優勝したときは全員でひとつになって歓喜を迎えることでしょう。

優勝した際には優勝パレードが行われる?

同じさいたま市に位置する浦和レッズは、優勝した際には優勝パレードを行いました。その時には浦和区を中心としたルートで組まれていましたから、おそらく大宮アルディージャが優勝した際にも、大宮区を中心としたルートが組まれることでしょう。
特に大宮アルディージャは大宮駅西口周辺をオレンジロードとするなど、スタジアムまでの道をオレンジ色に染めており、西口周辺をパレードとして使用するのではないかと思います。西口前で優勝報告会を行う可能性もありますね!

優勝するとクラブはどう変わる?

大宮アルディージャが優勝したとすると、今よりもより注目されるクラブとは間違いありません。
その際に大きく動きそうなのがスタジアム問題です。大宮アルディージャのホームスタジアムであるNACK5スタジアムは、サッカー専用スタジアムであり、とても臨場感あふれるスタジアムですが、古いスタジアムなのでそろそろ改修をという方向になる可能性があります。入れる観客数も少なめのため、キャパをより増やしてキレイなスタジアムへと改修する必要が出てくるかもしれません。
優勝という結果を出すことで、自治体や行政も協力的になり、スタジアムを改修するきっかけになるかもしれません。

J2優勝の時も盛り上がった!

J2に降格してしまった大宮アルディージャですが、1年でJ1優勝という形で昇格を果たし、J1復帰を決めました。J2リーグ途中までは独走状態にあった大宮でしたが、なかなかうまく結果を積み重ねることができず苦しんだ時期も。その時期を経たからこそ、選手もチームもサポーターも優勝の瞬間を大きな歓喜で迎えました。
NACK5スタジアムは満員でオレンジ色に染まり、雨の中ながら優勝が決まった後もサポーターの多くがスタジアムに残り、選手たちと優勝を喜びました。感激して涙する選手やサポーターも多く、渋谷監督の男泣きも話題となりました。練習場には、平日は通常多くても30名ほどのサポーターでしたが、優勝後は連日150名を超えるサポーターが詰めかけ、優勝を讃えました。

まとめ

大宮アルディージャはアットホームでサポーターとの距離が近く、より身近に感じることのできるクラブだからこそ、優勝したときは同じ目線で同じ感情で優勝を歓ぶことができるはずです!
大宮アルディージャの優勝の瞬間を見逃さないようにしましょう!

以上「オレンジの歓喜!もし大宮アルディージャが優勝したら」でした。

関連記事

おすすめの記事