「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

真っ赤なサポーターの歓喜!もし浦和レッズが優勝したら

2016 9/7 17:39
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

優勝が決定する場合のチケットは超争奪戦に!

ホームであってもアウェイであっても、チケット購入は争奪戦と言われている浦和レッズ。優勝が絡む試合ともなれば、一瞬で完売してしまうだろう。

確実にチケットを確保したいなら
1:浦和レッズの後援会に入会する
2:ファンクラブであるREXクラブに入会する
3:セブンイレブンなどで先行発売があるかどうかチェックする

他にも、発売日に最寄りのチケット売り場やコンビニで待機し、チケットをおさえるという方法もある。

優勝報告会が行われる場合も!

これまでも、優勝や優勝目前の時には「浦和駅前で優勝報告会が行われる」とリリースされてきた。これが浦和レッズ流。ただし、アウェイでの優勝した時や場所が遠い場合は「後日改めて……。」となる可能性があるので、都度公式ホームページで確認をした方が良い。

優勝した際は浦和駅前が浦和レッズのタペストリーで赤くなり、たくさんの人が詰めかけることになるだろう。

優勝パレードはどこで開催される?

浦和レッズが優勝した2006年は優勝パレードが行われた。パレードのルートは埼玉県庁→県庁通り→旧中山道→オフィシャルショップ・レッドボルテージ→市役所通り→さいたま市役所で、最終地点であるさいたま市役所で優勝報告会が開催された。

沿道には6万人もの人が集まり、さいたま市役所には3万5千人が詰めかけるという大規模な優勝パレードだった。基本的にパレードはリーグ優勝の際に行われるもので、天皇杯やルヴァンカップ(旧ナビスコ杯)の優勝では行われないことが多い。

2015年に優勝していたとしたら

2014年は、あと一歩のところで優勝を逃してしまった浦和レッズ。2015年は年間優勝を絶対的な目標としていたが、この年からJ1が2シーズン制に。

もとより2シーズン制には反対の浦和レッズだったが、1stステージは無敗で優勝。結果、年間優勝は叶わなかったものの、ここで浦和レッズの強さを発揮した。優勝していたら、2006年より盛り上がったのかもしれない。

優勝してからの浦和レッズ

浦和レッズ史上最長で政権を築いているペドロヴィッチ監督。ミシャという愛称で呼ばれ選手からの信頼も厚い。この政権の下で優勝すれば、ミシャ政権が継続し、ACLを戦い、再び本格的にアジア制覇を目指すことになるだろう。

仮に優勝すれば1つの区切りとなり、新たな浦和レッズの誕生となるかもしれない。長く続いた政権を引き継ぐ形で新たな監督を迎えることも考えられ、そうなれば補強の変動も考えられる。

注目されるクラブの優勝は世の中に大きく影響し、Jリーグ全体を盛り上げる切っ掛けにもなるだろう。

おすすめの記事