「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

不調?いや好調!Jリーグの観客動員数を分析してみた!

2016 9/8 02:39
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oranzy/Shutterstock.com

サッカーの試合観戦自体も楽しいものだが、それを支えているJリーグの状況について知っておくともっと面白い。今回は、少し視点を変えてJリーグの観客動員数についてご紹介する。

近年のJリーグは不調といわれているけれども

Jリーグが発足して20年以上経過し、近年ではJリーグの観客動員数が一部では低迷しているとも言われている。
しかし、逆に最近は観客動員数も好調であり、昔以上に活気があるとも言われている。私自身も、実際に試合観戦に行ってみると、結構ファンが試合を見に来ていて、停滞しているような感じもしないのだが、実際のところはどうなのだろうか。観客動員数がどうなっているのかや、その理由について調べてみると色々と面白いことがわかった。

実はJリーグの観客動員数は増加している

実は、Jリーグは1993年に発足してから、かなり観客動員数を増やしている。発足当初は、年間320万人ほどであったものが、2015年度では900万人を超える観客動員数となっている。当時はチーム数も今ほど少なかったとはいえ、20年で3倍の動員数に増えているのは、非常に評価できることだと思う。
また、J1だけで比較したとしても、2015年度は540万人を超えており、1.68倍に増加している。観客動員数的に低迷したのも、2010?2011年度だけであり、基本的には上昇ペースを保っている。

おすすめの記事