「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Jリーグにダビド参戦、移籍市場が活発 昌子の動向次第では更なる動きも

2018 12/27 07:00中山亮
サッカー選手,イメージ画像,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ動く可能性がある移籍市場

ここまででも例年以上にビッグネームが動いている移籍市場だが、今後もまだまだ動く可能性が高い。

その最大の要因となっているのが鹿島の昌子源の動向だ。

昌子はワールドカップ後にオファーがありながらも断念した海外移籍が確実視されており、正式に決定すれば鹿島がCBの補強に動くのは確実。これだけの選手が移籍するとなると玉突き的に次々と動く可能性も十分ある。

また、C大阪がさらに選手を補強することも考えられ、チーム内得点王の都倉が去った札幌も補強に動く可能性が高い。昨年から大幅に増えているJ2からJ1への移籍も含め、開幕直前まで移籍市場からは目が離せない状態が続きそうだ。

おすすめの記事